9月第3週は、桑田佳祐、佐藤千亜妃、砂原良徳、TrySail、はEXIT、PARED、MIYAVI、洋楽は、2CELLOS、レイジ、ロビン・レッド、カーカス、ルーマー、クリミナル、ボブディラン、ジェネシス、ストラングラーズ、シングルはKis-My-Ft2、岡咲美保、チャン・グンソク、祭nine.、ClariS。配信限定は近藤晃央、LOONA、brainchild‘s、mihoro*、高橋優、ロイ-RöE-。

EXIT(イグジィット)は7曲入EP盤、MIYAVIは11曲入りで13枚目のアルバム、桑田佳祐は4年ぶりのアルバムでEP盤、声優ユニットのTrySailは4枚目のアルバム、ジャーマンメタルのベテランバンド。99年の『Ghosts』以来、約20年ぶりに4人編成となったアルバム、TVCMをきっかけに日本でもブレイクした2CELLOS。結成10周年の今作もポップスのヒット曲をカバー、ボブディランは80年代のブートレッグ音源集、ジェネシスはツアー再開に合わせたセレクト盤、ストラングラーズは9年ぶりのアルバム、デスメタルバンドのカーカスは8年ぶりの新作、ロックミュージカルの名作ジーザス・クライスト・スーパースターの50周年記念盤も発売。

9月第2週は、クレイジーケンバンド、ReN、Habib、岡村孝子、ハンバート ハンバート。洋楽は、マニック・ストリート・プリーチャーズ、エレクトリック・ライト・オーケストラ、ワンリパブリック、ケイシー・マスグレイヴス、ジェイムスブレイク、アイアンメイデン、メタリカ、アネットオルゾン、セイント・エティエンヌ、アンドリューW.K.。ジャズは、上原ひろみ。クラシックはジャニーヌ・ヤンセン、川井郁子。シングルで崎山蒼志、BLUE ENCOUNT、Tempalay、GReeeeN、LiSA、MAN WITH A MISSION、KAT-TUN。配信限定で藤巻亮太、CAPSULE、EMPiRE、迷宮ブラックカンパニー。

岡村孝子は35周年でベスト盤をソニーとヤマハからそれぞれ発売、クレイジーケンバンドはカバーアルバム、ReNは3枚目のオリジナルアルバム、京都出身の3ピースバンドHakubiはメジャーデビュー作、エレクトリック・ライト・オーケストラは4年ぶりの新作、アイアンメイデンは6年ぶりのアルバム、マニック・ストリート・プリーチャーズは14枚目のアルバムでデモ音源付の限定盤も同時発売、ワンパブリックは5枚目のアルバム、ジェイムスブレイクは新境地の音を展開した2年ぶりのアルバム、アンドリューW.Kは3年ぶり、メタル界の女性ボーカルのアネット・オルゾンはソロとしては2作目、上原ひろみは今回ピアノクインテットで新作作成、ジャニーヌ・ヤンセンはヴァイオリン名曲集。

9月第1週は、V6、yama、SARD UNDERGROUND、ビッケブランカ、ジェニーハイ、NEE、Creepy Nuts、伊藤蘭、ReoNa。洋楽は、イマジンドラゴンズ、ナイト・フライト・オーケストラ、 ザ・ワイルドハーツ、アウリ。ジャズは井上陽介、クラシックは、ブッフビンダー、ヴィキングル・オラフソン、パーヴォ・ヤルヴィ。シングルは、Myuk、UVERworld、A.B.C-Z、PELICAN FANCLUB、SKE48。配信限定は、秋山黄色、浅野EP、jizue。

V6は14枚目のオリジナルアルバム、9/4発売とのクレジットですが店着は8/31火曜日になります。ジェニーハイは2枚目のアルバム、ReoNaは初めてのEP盤、伊藤蘭は2019年以来の2枚目ソロアルバム、声優で構成されたDIALOGUE+は1stアルバム、新世代シンガーのyamaはセブンイレブンcm曲などを入れた1stアルバム。NEEは4人組ロックバンド、インディーズでシングルを発売していましたが、今回はメジャーでフルアルバムを初めて発売、ビッケブランカは4枚目のアルバム、ZARDのトリビュートバンド・SARD UNDERGROUNDはコナンのエンディング曲を含めたオリジナル曲で構成されたアルバム、イマジンドラゴンズはアメリカで大人気のロックバンド。今回のプロデューサーはリックルービン。

8月第4週の新譜です。

今週は、ENDRECHERI、オーイシマサヨシ、ハルカトミユキ、KEYTALK、矢野顕子、竹原ピストル、826aska、BREAKERZ。洋楽は、メイジー・ピーターズ、ホールジー、チャーチズ、ビーチボーイズ、ビッグ・レッド・マシーン、レプラス、ホワイト・ストーンズ、ザ・ブロンクス、ブライト&ウィン、ソドム。ジャズでチックコリア&小曽根真、クラシックは、チョ・ソンジン、佐渡裕。配信限定は、雨のパレード、藤原さくら、Little Parade、Half time Old、竹内美樹、tofubeats、Lead。先週の記載忘れでONE OK ROCKがRenegadesをボーカルとピアノだけのバージョンを20日配信。

ENDRECHERIはアルバムタイトル「GO TO FUNK」の名の通りの内容、オーイシマサヨシは初めてのオリジナルアルバム、ハルカトミユキは4枚目のアルバム、KEYTALKはユニバーサル移籍後第2弾アルバム、矢野顕子は3年ぶりのアルバム、竹原ピストルは6枚目のアルバム、826askaはエレクトーンのアルバム、BREAKERZは6年ぶりのアルバム、ホールジーは米国で人気の女性シンガーで1年半ぶりの4枚目、メイジー・ピーターズはイギリスの女性シンガー、21歳。今作がファーストアルバム、バーブラ・ストライサンンドは2018年「リリース・ミー」の続編、チャーチズは4枚目のオリジナルアルバム、ビッグ・レッド・マシーンはボン・イヴェールとザ・ナショナルのメンバーで構成されたユニットで2作目。テイラー・スウィフトをフィーチャーしたシングル「レネゲイド」収録。

8月第2週の新譜です。

今週は、Kis-My-Ft2、與真司郎、Who-ya Extended、SPYAIR、ウルフルズ、yonawo、a flood of circle。洋楽は、アレサフランクリン、セパルトゥラ、デストラクション、クラシックでヤン・リシエツキ。シングルはSixTONES、山崎育三郎、ナナヲアカリ。配信限定は、KANA-BOON, Night Rider feat. 荒井岳史、竹内美樹、Da-iCE、コシミハル。

Kis-My-Ft2とSPYAIRは共にデビュー10周年でベスト盤。今年いっぱいで活動休止予定の與真司郎はオリジナルアルバム、Who-ya Extended(フーヤエクステンデッド)はWho-yaを中心としたユニットで2枚目のEP盤、ウルフルズはセルフカバーベスト盤、yonawo(ヨナヲ)は4人組のバンドで2枚目のフルアルバム、アレサフランクリンはレーベルを超えた初めてのオールタイムベスト盤、セパルトゥラはブラジルの人気デスメタルバンドでライヴストリーミング盤、ドイツのデストラクションも同様にストリーミングライブ、現在25歳のヤン・リシエツキは」ポーランド人の両親を持つカナダ国籍のピアニスト、今作はグラモフォンはショパン夜想曲を全曲録音。

8月第1週の新譜です。

今週は、milet、コブクロ、BiSH、BLACKPINK、Rocket Punch、森口博子、鬼頭明里、THE BEAT GARDEN。洋楽は、ナイトレンジャー、ジョージハリソン、ピンクフロイド、スペクトラ、トレス、クラシックは、アリス=紗良・オット、エグザイルス。シングルは、Sexy Zone 、ベリー・グッドマン、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Sing Like Talking、BALLISTIK BOYZ 、郷ひろみ、藍井エイル。配信は、Uru、當山みれい、モノンクル、アレクサンドラ・スタン、近藤晃央。

BiSHはメジャーエンブレム4作目のアルバム、森口博子は24年ぶりのアルバム、鬼頭明里は初めてのミニアルバム、miletは日テレ系ドラマ主題歌含むEP盤、コブクロは10枚目のオリジナルアルバム、Rocket Punchは、元AKB48の高橋朱里含む6人組のK-POPグループ、BLACKPINKは人気のKPOPグループで日本では初めてのフルアルバム、ピンクフロイドは50周年記念盤で初来日ライブの箱根の映像付き、ジョージハリソンも代表作が50周年でマルチフォーマットで発売、クラシックのアリス=紗良・オットは日本でも人気のピアニスト、今回もショパン作品集。

ポップスモークは昨年射殺されたヒップホップアーティスト。今週2作チャートインしています。

7月第5週の新譜です。

今週は、TWICE 、Mom、SHINee、The Birthday、Kotone、。洋楽はビリー・アイリッシュ、プリンス、ランプ、ロス・ロボス、ヴェイダー、ディー・スナイダージャズ系でT-SQUARE、JIMSAKU、クラシックで外山啓介、シングルでミュージカル『刀剣乱舞』 壽歌、ジャニーズWEST。配信限定で、ブリーチャーズ、クリーパー、矢野顕子、倖田來未、ビッケブランカ、Q-MHz feat. 鈴華ゆう子、ぬゆり(Lanndo)、ザ・コインロッカーズ。

TWICEは3枚目のアルバム、SHINeeはミニアルバム、Mom(マム)は男性シンガーソングライターで4枚目のアルバム、ベテランのThe Birthdayは11枚目のアルバム、ビリー・アイリッシュは2年ぶり2枚目のアルバムで今週注目の1枚、プリンスは鳴くなって5年経過していますが、2010年に録音して完全にお蔵に入っていた1枚、ロスロボスはカバーアルバム、ヴェイダーはメタルバンドで2枚目のアルバム、ディー・スナイダーは70年代人気のあったトゥイステッド・シスターのフロントマンで今作は3年ぶりのアルバム、ランプは、ローラ・マーリングとマイク・リンゼイのプロジェクトで2枚目のアルバム。

7月第4週の新譜です。

今週は、King & Prince、美波、清水翔太、マハラージャン、今市隆二、SEKAI NO OWARI。洋楽はジョンメイヤー、モードレッド、イングヴェイ・マルムスティーン、ジャクソンブラウン、ポールマッカートニー、アンマリー、ラウレンネ/ロウヒモ、ドリームシアター、ビルエヴァンス、イン・ザ・ハイツ。シングルは、KinKi Kids、佐久間貴生、鈴木瑛美子、雨宮天、三月のパンタシア。配信限定は、向井太一、ロイ-RöE-、SPYAIR、ASCA、Myuk。

今市隆二はソロ三作目、清水翔太は3年ぶりのオリジナルアルバム、マハラージャンはメジャー1stアルバム、SEKAI NO OWARIは6枚目のアルバム、King & Princeは3枚目のアルバム、ポールマッカートニーは昨年発売されたⅢをBeckやセイント・ヴィンセントなど一流ミュージシャンがカバーしたアルバム、ジャクソンブラウンは7年ぶりのオリジナルアルバム、アンマリーは3年ぶりのアルバム、イングヴェイ・マルムスティーンは2年ぶりのアルバム、モードレッドはメタルバンドで27年ぶりに製作、ビルエヴァンスはまた未発表音源をリリース。

下記は先週の新譜で紹介したインヘイラー。イギリスのチャート1位になりました。U2のボノの息子が入っていることで有名。音もなんとなく、、

7月第3週の新譜です。

今週は、GENERATIONS、虹のコンキスタンドール、大塚紗英、豆柴の大群、松本 隆作詞活動50周年トリビュートアルバム、22/7。洋楽は、トーンズ・アンド・アイ、アリアナグランデ、パラダイス・ロスト、パワーウルフ、テデスキ・トラックス・バンド、IL DIVO、サーフェシズ、イージーライフ、インヘイラー、アリスコルトレーン、クラシックは千住真理子。配信限定は、マハラージャン、Original Love、桑田佳祐、宮川大聖、TAKU INOUE。

松本 隆作詞活動50周年トリビュートアルバムは池田エライザ・GLIM SPANKYなどを迎えてのカバーアルバム、GENERATIONSは6枚目のオリジナルアルバム、22/7(ナナブンノニジュウニ)は秋元康プロデュースのアイドルグループで1stアルバム、トーンズ・アンド・アイは昨年ダンス・モンキーでヒットし今作が1stフルアルバム、アリアナグランデはライブ盤、インヘイラーはアイルランドの4人組ロックバンド、テデスキ・トラックス・バンドはロックの名盤「レイラ」を完全再現したライブを収録したアルバム、イルヂーヴォは、モータウンのカバーアルバム、アリスコルトレーンは初CD化、配信の桑田佳祐は9月に発売されるEP盤からの1曲。

7月第2週の新譜です。

今週は、大森靖子、DEEN、黒木渚、キノコホテル、山弦、久石譲、さだまさし、4s4ki(アサキ)、the engy。洋楽はボビー・ギレスピー&ジェニー・ベス、ウィスパリング・サンズ、ハードライン、L.A. ガンズ、ザ・ウォールフラワーズ、トビー・ヒッチコック、ジョン・マクラフリン、サントラでシンデレラ、クラシックはクリスチャン・ツィメルマン。配信限定は、どんぐりず、Aimer、NiziU、リュックと添い寝ごはん、CYNHN、WON。

大森靖子はセルフカバー集、DEENは2年半ぶりのオリジナルアルバム、シティポップな内容、黒木渚は4枚目のアルバム、ギターデュオの山弦は17年ぶりのアルバム、久石譲は「ミニマリズム」シリーズの最新盤、さだまさしは最新ライブ、4s4ki(アサキ)はメジャーデビューアルバム、期待の新人です。ウィスパリング・サンズは3年ぶりのアルバム、ベテランのL.A.ガンズは昨年11月のライブ盤、ザ・ウォールフラワーズはボブディランの息子ジェイコブ・ディラン在籍のバンドで9年ぶりのアルバム。ボビー・ギレスピー&ジェニー・ベスはプライマルスクリームのフロントマンボビー・ギレスピーとサヴェージズのジェニー・ベスのコラボアルバム、ジョン・マクラフリンは5年ぶりのアルバム、アンドリュー・ロイド・ウェバーの新作ミュージカル「シンデレラ」シンデレラ役を演じるのはキャリー・ホープ・フレッチャー。

6月第5週の新譜です。

今週は、SHISHAMO、adieu(上白石萌歌)、中納良恵、May’n、豊崎愛生、『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~。NE-YO、ザ・ゴー!チーム、アット・ザ・ゲイツ、ディー・アポカリプティシェン・ライター、クラシックは服部百音。シングルは、ザ・リーサルウェポンズ、NEWS、Dragon Ash、THE RAMPAGE、布袋寅泰、TUBE、配信はBase Ball Bear、EXIT、LOONA、春野、Da-iCE、

Adieuはミニアルバム、EGO-WRAPPIN‘​のヴォーカリスト中納良恵は6年ぶり3枚目のソロアルバム、SHISHAMOは1年半ぶりのアルバム、May’nは1年半ぶりのアルバム、ディー・アポカリプティシェン・ライターはドイツのベテランメタルバンド、2枚組80分の力作、NE-YOはデビュー作15周年記念デラックス盤、服部百音は服部隆之の娘でソロアルバム2作目。

6月第4週の新譜です。

今週は、持田香織、伊藤千晃、STUTS & 松たか子 with 3exes、mihoro*、小林愛香、上白石萌音、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、BURNOUT SYNDROMES。洋楽はティモ・トルキズ・アヴァロン、TOTO,スティーヴルカサー、ジョセフウィリアムス、ライアンアダムス、アグネス、バックチェリー、マイルス・デイヴィス、ヒラリー・コール、シングルで関ジャニ∞、浜田省吾、星野源。配信は、近藤利樹、杏沙子、Rude-α、空音、清水美依紗

松たか子はTVドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」主題歌収録アルバム、持田香織はミニアルバム、「まだスイミー」などを収録、伊藤千晃もミニアルバム、BURNOUT SYNDROMESは2年半ぶりのオリジナルアルバム、Kroiは5人組でメジャー1stアルバム、上白石萌音は、70年代と80~90年代のカバー曲を2枚のアルバムにして発売、mihoro*はメジャーデビュー作、ライアンアダムスは17枚目のアルバム、カンサスとドリームシアターは共にライブアルバム、バックチェリーは、2年ぶり9枚目のアルバム、フェイ・ウェブスターは前作が話題になったアメリカの23歳の女性シンガー、今作は4枚目にあります。TOTOはオンラインライブ盤、マイルスデイビスは1991年の未発表ライブ音源を収録したアルバム。

6月第3週の新譜です。

今週は、YuNi、BTS、GALNERYUSBTS,変態紳士クラブ、toku。シングルで米津玄師、三代目 J SOUL BROTHERS、加藤ミリヤ、宮本浩次、SCANDAL、藍井エイル、NMB48。洋楽は、ハロウィン、フィア・ファクトリー、P!NK、ビルエヴァンス。配信は、ナナオアカリ、EGOIST、コアラモード、iri、琴音、GO TO THE BEDS

BTSは全23曲を入れたベスト盤、変態紳士クラブはMステも出演したジャンレスユニット、1stアルバムです。GARNiDELiAのtokuはソロアルバムで豪華なゲストボーカルを迎えた内容、米津玄師はTBSドラマ主題歌、宮本浩次はテレ朝ドラマ主題歌、NMB48は25枚目の新曲、P!NKはライブアルバム、ハロウィンは7人編成でのアルバム、フィア・ファクトリーは6年ぶりのアルバム、ビルエヴァンスは1975年の未発表ライブ音源。

6月第2週の新譜です。

今週は、東京事変、和楽器バンド、奇妙礼太郎、AK-69、ROTTENGRAFFTY。洋楽はマルーン5,ノエルギャラガー・ハイ・フライング・バーズ、デニスデヤング、ブラザー・アゲインスト・ブラザー、ミスター・バングル、ニューオーダー、デヴィッド・ボウイ、ジュリアン・レイジ、「おかえりモネ」。配信でSPiCYSOL、サンボマスター

東京事変は10年ぶりのアルバム、和楽器バンドはEP盤で映像ソフトも同日発売、マルーン5は4年ぶりのアルバム、「ビューティフル・ミステイクス」他豪華なゲストとの共演、シングルもヒット中、今回も話題満載の1枚、ノエルギャラガーはベスト盤、デヴィッド・ボウイは1970年の貴重な音源集、ニューオーダーは2018年のライブ盤、マイク・パットン率いるミスター・バングルはライブ盤、ジュリアン・レイジはアメリカの若手ジャズギタリストで今作はブルーノート移籍第一弾。

6月第1週の新譜です。

今週は、堂本光一、徳永英明、CIVILIAN、平原綾香、手嶌葵、The Songbards、仮面女子、CONCERTO MOON。シングルはヒトリエ、ASCA、V6、UVERworld、sumika。洋楽は、オリヴィア・ロドリゴ、ポールギルバート、CSN&Y、リズ・フェア、ビリー・ F・ギボンズ、ウルフ・アリス、ディキャピテイテッド、ハイスクール・ミュージカル、トニーアレン。クラシックは三浦文彰、グレン・グールド&石丸幹二、ヨーヨーマ、マルタ・アルゲリッチ。配信はウルフルズ、いきものがかり、L‘Arc〜en〜Ciel、KREVA、神はサイコロを振らない。

堂本光一は6年ぶりのアルバム、徳永英明は4年ぶりのオリジナルアルバム、平原綾香はライブベスト、The Songbardsはミニアルバム、仮面女子はファーストアルバム、オリヴィアロドリゴはファーストシングルは全米で大ヒットで話題騒然ですが、アルバム通して聴くとまた違った側面も感じる力作、また彼女が入った、青春ミュージカルドラマ「ハイスクールミュージカル」も発売、ポールギルバードは2年ぶりのオリジナルアルバム、ウルフ・アリスはイギリスのオルタナティブロックバンドで3作目、ビリー・ F・ギボンズはZZトップのフロントマンで3枚目のソロアルバム。

5月第5週の新譜です。

今週は、MARiA、岡崎体育、Ken Yokoyama、AJICO、GRAPEVINE、テスラは泣かない。川崎 鷹也、ポルカドットスティングレイ、夜韻、諭吉佳作/men、シングルは、DISH//、flumpool、刀剣男士、センチミリメンタル、宮野真守、日向坂46、小松未可子、FLOW、あいみょん。洋楽は、ザ・ブラックキーズ、シルヴァー・レイク・バイ・エサ・ホロパイネン、バーニング・ウィッチーズ。クラシックはモービー。配信限定は、いきものがかり、マカロニえんぴつ。

MARiA(メイリア)は初のソロアルバム、Ken Yokoyamaは6年ぶりのフルアルバム、岡崎体育はコンセプトアルバム、タイアップ曲も多く含まれています。ルカドットスティングレイはEP盤、AJICOはUAと浅井健一が中心となったバンドで4曲入りEP盤、川崎鷹也は「魔法の絨毯」を含めたアルバム、GRAPEVINEは17枚目のアルバム、DISH//は「僕のヒーローアカデミア」のオープニング曲、あいみょんは初の両A面シングル曲。ブラックキーズは10枚目のアルバム。

5月第4週の新譜です。

今週は、Lisa、バンドじゃないもん!、藤澤ノリマサ、ネクライトーキー、angela、LONGMAN、the band apart。シングルは、SUPER BEAVER、King & Prince、Run Girls, Run!、香取慎吾、halca、FANTASTICS、wacci。洋楽は、輸入盤先行でオリヴィア・ロドリゴ(国内盤は6/2) 、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、モンスター・マグネット、アモルフィス。アニメで名探偵コナンのCDボックス。クラシックは加古隆、仲道郁代、古澤巌。サントラ盤で「いのちの停車場(村治佳織)」配信は清水翔太、Anna、YUKIKA

Lisaはミニアルバムですが7曲全曲新曲になります、ネクライトーキーは3枚目のアルバム、LONGMANは2枚目のアルバム、angelaは10枚目となるオリジナルアルバム、シングルの小松未可子は26日に延期、BURNOUT SYNDROMESはアニメ主題歌、SUPER BEAVERはドラマ主題歌、King & Princeは7枚目シングル、香取慎吾は自身の主演ドラマ主題歌。トゥエンティ・ワン・パイロッツはアメリカの人気デュオで3年ぶりのアルバム、モンスター・マグネットは活動30年以上のベテランハードロックバンドでカバー集ではありますがメジャー曲ではない拘りがある。アモルフィスはライブ盤、オリビアロドリゴは今年最大の新人でデビュー曲も全米全英初登場チャート1位となっています。国内盤発売を待てない方は是非。古澤巌はエンリオモリコーネ追悼盤、仲道郁代は4年ぶりでドビュッシー代表曲。

5月第3週の新譜です。

今週は、=LOVE、平井堅、特撮、Homecomings、さかいゆう、東山奈央。シングルは、OMI、雨宮天、内田真礼、雨宮天、TWICE、Hey! Say! JUMP、HKT48。洋楽はセイント・ヴィンセント、ポール・ウェラー、セヴンス・クリスタル、スティーヴミラーバンド、マイルス・ケネディ、サンボム、エドゥ・ファラスキ、ヤコブ・サミュエル、ザ・ラムジャックス、アレサフランクリン、パスクァーレ・グラッソ。配信は羽生まゐご、ズッケロ

平井堅は5年ぶりのアルバム、特撮は大槻ケンヂのバンドでこちらも5年ぶり、さかいゆうは2枚組のアルバムでデジタル配信されていたナンバーなどを収録、=LOVEは指原莉乃プロデュースで今作が1stアルバムになります。セイント・ヴィンセントはジャック・アントノフを共同プロデューサーに向い入れた意欲作、ベテランのポールウェラーは16枚目のアルバム、アルターブリッジのボーカリストのマイルス・ケネディは2枚目のソロアルバム、サンボムはマイケルスイートとトレイシー・ガンズのバンドでデビュー作、ザ・ラムジャックスはパンクバンドで3年ぶりのアルバム、アングラの元リードシンガーのエドゥ・ファラスキはソロ5作目、アレサフランクリンは50年ほど前ですが4バプティスト教会でのライブをリマスターした完全収録盤。

5月第2週の新譜です。

今週は、シングルで[Alexandros]、あゆみくりかまき、ジャニーズWEST、祭nine.。配信で石崎ひゅーい、XIIX、tricot、コールドプレイ、ビービーレクサ、エイミーワインハウス。洋楽は、ウィーザー、ゴーゴーペンギン、アイスエイジ、ロビン・マッコーリー。

[Alexandros]は「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌。ジャニーズWESTの新曲はあいみょん書下ろしで16枚目のシングル、ウィーザーのアルバムタイトル名は「ヴァン・ウィーザー」このタイトル名通りハードロック色の強いアルバム、アイスエイジは5枚目のアルバム、ゴーゴーペンギンはリミックスアルバム、ロビン・マッコリーはマイケルシェンカーグループに在籍していたベテランロックシンガーで22年ぶりのアルバム。

4月第5週の新譜です。

今週は、YUKI、氣志團、FantasticYouth、オカモトショウ、Novelbright、くるり、RHYMESTER。シングルはDIR EN GREY、EXILE。配信限定でAdo,HAN-KUN、milet、WANIMA,ウルフルズ、SPECIAL OTHERS Acoustic、ジュリア・マイケルズ、PJハーヴェイ、Rei。
洋楽アルバムは、ビルチャップリン、ゲイリームーア、ポーキュパイン・ツリー、ナンシー・ウィルソン、ドロップキック・マーフィーズ、イーヴァイル、ティーンエイジ・ファンクラブ、ピンクフロイド、テイラースウィフト、ロイヤルブラッド、トニー・アレン。クラシックで清塚信也、佐渡裕。

YUKIは10枚目のアルバム、氣志團は筒美京平のカバーアルバム、オカモトショウはOKAMOTO`Sのボーカリストでフルアルバム、くるりは13枚目のアルバム、ゲイリームーアは未発表スタジオアルバムと初国内盤となるライブアルバム、ナンシーウィルソンはハートのギタリストで初ソロアルバム、テイラースウィフトは再録音盤ですが、全米チャート1位になっています。ドロップキック・マーフィーズはアメリカ出身のベテランパンクバンドで10作目、スコットランド出身のオルタナティブロックバンドのティーンエイジ・ファンクラブは4年ぶりのアルバム、ロイヤル・ブラッドはイギリス出身のロックデュオで4年ぶりのアルバム、クラシックの清家信也はディズニー公式カバーアルバム。

4月第4の新譜です。

今週は、Nulbarich、さだまさし、BRADIO、宇都美慶子、向井太一、クリスタルケイ、ZIGGY、崎山つばさ、MONGOL800。シングルは、マカロニえんぴつ、打首獄門同好会、西川貴教、上坂すみれ、内田雄馬、熊田茜音、三浦大知。洋楽は、ダイナソーJr、サクソン、ボドム・アフター・ミッドナイト、ウェクシルム、ジョンレノン。T-SQUARE、ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ、ブロードウェイと銃弾、クリスティアン・ティーレマン。

崎山つばさはミニアルバム、MONGOL800はコンセプトアルバムのシリーズ第3弾、Nulbarichは制作拠点をアメリカに移してからのフルアルバム、さだまさしはセルフカバーアルバム、ZIGGYは2年半ぶりのオリジナルアルバム、スキマスイッチは昨年クリスマスイブライブ音源のCD化、宇都美慶子は8年ぶりのオリジナルアルバム。堀込泰行は元キリンジのメンバーでソロ3作目KANDYTOWNはEP盤2枚をコンパイルした1枚、BRADIOはメジャーで2枚目のオリジナルアルバム、ダイナソーJr.は、5年ぶり12枚目のアルバム、ボドム・アフター・ミッドナイトはチルドレン・オブ・ボトムのフロントマン、アレキシ・ライホのバンド、ジョンレノンはジョンの魂の50周年記念したマルチトラック盤、T-SQUAREは安藤正容在籍最後のアルバム、The United States vs. Billie Holidayはビリーホリディの伝記映画でアンドラデイがビリーホリデイを演じているのですが、歌は見事に再現。正直鳥肌が立ちます。

4月第3週の新譜です。

今週は、Aimer、TK from凛として時雨、SAKANAMON。シングルで櫻坂46,林原めぐみ、A.B.C-Z、WANIMA、ちゃんみな。配信限定で眉村ちあき、The Songbards、Dragon Ash、adieu、the engy、Rei。洋楽は、カンニバル・コープス、オフスプリング、グレタ・ヴァン・フリート、ノラ・ジョーンズ、テンプル・ボールズ、ホールディング・アブセンス、デヴィル・ソールド・ヒズ・ソウル、テイラースウィフト。

Aimerは6枚目のオリジナルアルバムで人気ドラマやアニメ主題歌多数収録、SAKANAMONはミニアルバム、BRIDEARは女性ロックグループでメジャー2作目、TK from凛として時雨はEP盤とライブ盤の2種を発売、櫻坂46は2枚目のシングル、ノラジョーンズはベストライブアルバム、テイラースウィフトは2008年のアルバムを再録音したもの、オフスプリングは何と9年ぶりのオリジナルアルバム、グレタ・ヴァン・フリートはアメリカ出身の正統派ロックバンドで2枚目のアルバム、カンニバル・コープスはアメリカ出身のデスメタルバンドで15枚目のアルバム、昨年TicTokで再ブームになったフリートウッド・マックはライブ盤を輸入盤で発売、リキッド・テンション・エクスペリメントはドリームシアターのサイドプロジェクトで22年ぶり3枚目のアルバム、デヴィル・ソールド・ヒズ・ソウルは9年ぶり4枚目のアルバム。

ブルーノマーズが久しぶりに動き出しています。現在ヒット中のシングルは彼らしいいい雰囲気の曲です。

4月第2週の新譜です。

今週は、SIX LOUGE、浜崎あゆみ、浅井健一、高橋玄、lyrical school、FIVE NEW OLD、にしな、リーガルリリー。シングルはNiziU、堂珍嘉邦。配信で小田和正(4/2配信)、SPiCYSOL、マックス・リヒター、Rude-α、センチミリメンタル、HYDE、小林愛香、清 竜人、BOYS AND MEN、OKAMOTO‘S、Creepy Nuts。洋楽は、ザ・フラテリス、ジェーン・ウィーヴァー、バスタ・ライムス、ベニー・シングス、プライマルフィア、スウィート・オブリヴィオン。

浅井健一は1年半ぶりのオリジナルアルバム、リーガルリリーは女性スリーピースバンドで今作はEP盤、Mizkiはアナと雪の女王2のエンディングソングを歌った中元みずきの別名で今作はミニアルバム、FIVE NEW OLDはワーナー移籍第一弾アルバム、にしなは今年期待の女性シンガーソングライターで1stアルバム、浜崎あゆみは久しぶりのバラードアルバム、NiziUのシングルはコカ・コーラとソフトバンクのCMソング、ケミストリーの堂珍嘉邦の新曲は映画主題歌、ベテランのプライマル・フィアはEP盤、ザ・フラテリスは日本でも人気のスコットランド出身のロックバンド。今作は6枚目。スウィート・オブリヴィオンは2枚目のアルバム。

3月第5週の新譜です。

今週は、SPYAIR、林原めぐみ、TREASURE、ケツメイシ、ハナレグミ、モーニング娘。‘21、いきものがかり、ロザリーナ、青春高校3年C組、洋楽は、アウト・オブ・ディス・ワールド、ブライアンイーノ、ニールヤング、コルピクラーニ、イーヴル・ドライヴ、スティーヴ・ガッド。配信限定で、デミ・ロヴァート、ROSÉ、足立佳奈&wacci、yama、Nulbarich、BTS、ホリー・コール。

林原めぐみは、30周年記念ベストで新曲も入っています。SPYAIRは3年半ぶりのニューアルバム、ケツメイシはベスト盤、映像ソフトはPV集で、TREASUREは期待のKPOPグループで日本デビュー盤、モーニング娘。’21は3年4ヵ月ぶりのオリジナルアルバム、いきものがかりは9枚目のアルバム、ハナレグミは8枚目のアルバム、ニールヤングの2作は過去の貴重なライブ音源をパッケージ化、アウト・オブ・ディス・ワールド アウトは、FAIR WARNINGのトミー・ハートらが組んだハードロックバンド、BTSは、back numberとコラボレーションした日本オリジナル曲。

3月第4週の新譜です。

今週は、go!go!vanillas、斉藤和義、高野洸、大滝詠一、Miyuu、Do As Infinity、エヴァネッセンス、ライアンアダムス、ラム・オブ・ゴッド、MR.BIG、デュア・リパ、クラシックでアルゲリッチ。配信限定で、マハラージャン、WON、NF、BEN HOWARD。

Do As Infinityはオールタイムベスト、大滝詠一の名作は40周年記念盤、高野 洸は元Dream5のメンバーでソロとして初めてのアルバム、遊助は10枚目のアルバム、斉藤和義は21枚目のオリジナルアルバム、go!go!vanillasはメジャーデビューしてから5枚目のアルバム、ライアン・アダムスはテイラーの1989を丸ごとコピーしたりしていましたが今回はオリジナルアルバム、MR.BIGはオリジナルメンバーで最後の日本公演になった音源をCD化、エヴァネッセンスは10年ぶりのアルバム。ラム・オブ・ゴッドはライブ盤、デュア・リパは大ヒット中のフューチャー・ノスタルジアに追加収録などを入れたニュー・エディション。アルゲリッチはベートーヴェン生誕250周年の記念アルバム。

3月第3週の新譜です。

今週は、[Alexandros]、秦基博、吉澤嘉代子、映秀、w-inds、ジャニーズWEST、當山みれい、森恵、SIRUP、坂本真綾、yukaDD。シングルは神はサイコロを振らない、森山直太朗、ビッケブランカ、DA PUMP。洋楽はジャスティンビーバー、ラナ・デル・レイ、スティング、クリス・コーネル、サムスミス、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション、セレーナ・ゴメス、ジョン・バティステ。ジャズは、SOIL&“PIMP”SESSIONS。

配信で、Bank Bandfeat. MISIA、竹原ピストル、河口恭吾。

[Alexandros]は初のベスト盤、秦基博も弾き語りベストアルバムの第2弾で朝ドラ主題歌も入っています。映秀は現役大学生の期待の新人、吉澤嘉代子の5枚目のアルバムはビクター移籍第一弾、w-indsもベスト盤、ジャスティンビーバーは6枚目のアルバム、以前よりグッと大人なサウンドに仕上がっています。シングルも全米ヒット中。ラナ・デル・レイは7枚目のアルバム、セレーナゴメスは7曲入りEP盤、スティングは初のデュエット盤ですが何と豪華な競演陣!ポール・スタンレー率いるソウル・ステーションはフル・アルバム、クリス・コーネルはカバー集、最後のスタジオ録音盤、リンゴスターはEP盤、サムスミスは配信オンライブをパッケージで発売。

なお、日本時間の明日、色々ありましたが、グラミー賞が開催されます。

3月第2週の新譜です。

今週は、フジファブリック、ゴスペラーズ、宇多田ヒカル、優利香、コレサワ、Jun. K、折坂悠太、JABBA DA FOOTBALL CLUB、工藤静香、Karin.。洋楽は、ウィザーフォール、ザラ・ラーソン、ブラックモアズ・ナイト、サンダー、ロニー・アトキンス、サンストーム、チャールスロイド。配信は、先週5日にKing Gnu、さユり、今週は金城綾乃、ニック・ジョナス(ジョナスブラザース)、ヴァレリー・ジューン

フジファブリックは2年ぶりのアルバム、宇多田ヒカルは、劇場版エヴァンゲリオンに関わった曲を集めたアルバム、優利香は関西ローカルですが「おはよう朝日です」のテーマ曲が入った内容、ゴスペラーズは久しぶりのアカペラアルバム、折坂悠太はミニアルバムで人気ドラマ主題歌も収録、Karin.は期待の19歳の女性シンガーソングライター。ザラ・ラーソンはスウェーデンの女性シンガー、ファーストアルバムが大ヒット。今作は2枚目。ウィザーフォールは人気メタルバンド。演奏スキルの高さは健在。ブラックもアズ・ナイトは11枚目。サンストームはロニー・ロメロがヴォーカル、良質なハードロックを聞かせてくれます。サンダーはキャリアの長い英国のロックバンド、今作はオリジナルアルバム。

3月第1週の新譜です。

今週は、aiko、大橋トリオ、sumika、ユリイ・カノン、Sexy Zone、大原櫻子、Gotch、東京スカパラダイスオーケストラ、秋山黄色、CHRONICLE。シングルは、柏木由紀、BEYOOOOONDS、SCANDAL。洋楽はアンジェラス・アパトリーダ、ウィリーネルソン、ブラックサバス、ザ・ウィークエンド、クラシックで朴葵姫、ヒラリー・ハーン。配信は、藤井風、門脇更紗。

aikoは14枚目のアルバム、大橋トリオは15枚目のアルバム、sumikaは3枚目のアルバム、CM,テレビドラマ主題歌、映画主題歌などタイアップも豊富に入った1枚。25歳になった大原櫻子は5枚目のアルバム、デビュー30周年の東京スカパラダイスオーケストラは1年4か月ぶりのアルバム、秋山黄色は2枚目のアルバム、Sexy Zoneは10周年を記念したアルバム、CHRONICLE(クロニクル)はloundraw(ラウンドロー)らイラストレーター、漫画家等の顔をもつ音楽集団の1stアルバム、ウィリーネルソンは御年87歳のカントリーシンガー、今作はフランクシナトラのカバー集で特に「イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ・オブ・ザ・モーニング」は聴きごたえあります。アンジェラス・アパトリーダはスペインを代表するスラッシュ・メタル・バンド。スレイヤーのカバー、「アンチクライスト」のライヴ・テイクを収録。ブラックサバスは名作「4」の最新リマスター、ザ・ウィークエンドは10年間のキャリア内のヒット曲集。

2月第4週の新譜です。

今週は、DISH//、斉藤由貴、THE RAMPAGE 、YUI、XIIX、HY、AI、ももいろクローバーZ。シングルは、Kis-My-Ft2、刀剣男士・髭切膝丸、いきものがかり、POLYSICS、Official髭男dism、崎山蒼志、安田レイ、山本彩、鬼束ちひろ、King of Ping Pong、配信限定は、OKAMOTO‘S、ロザリーナ、ファーストサマーウィカ、向井太一、Kitri、洋楽は、トランスアトランティック、タッシュ・サルタナ、エピカ、アリス・クーパー、セレステ、ボブディラン、ブラック・クロウズ、R+R=NOW。

DISH//は4枚目のアルバム、「猫」も収録しています。YUIはセルフカバー集で6曲入りミニアルバム、XIIXはUNISON SQUARE GARDENのメンバー(ギターボーカルとベース)で構成され2枚目のアルバム、斉藤由貴はデビュー35周年のセルフカバー集、ももクロは田中将大の応援歌を収録したアルバム、AIはミニアルバム、POLYSICSは「はたらく細胞BLACK」主題歌、Official髭男dismは劇場版ドラえもん主題歌、 King of Ping PongはFAKE MOTION -たったひとつの願い-」エビ高連合軍テーマ・ソング。セレステはアメリカ生まれの26歳の女性シンガーソングライターで先日イギリスのアルバムヒットチャート1位になっています。ブラッククロウズは30周年記念盤、オランダの人気メタルバンド、エピカは4年ぶりのアルバム、オーストラリア出身のタッシュ・サルタナは2枚目のアルバム。

2月第3週の新譜です。

今週は、Seven Billion Dots、indigo la End、Cocco、TFG、Maica_n、ヒトリエ。シングルでSixTONES、SHE’S洋楽はホワイトスネイク、リッキー・ウォリック、A.J.クロウチ。配信限定であいみょん、

indigo la End は川谷絵音率いるバンドで結成10周年になります。メジャー6枚目のオリジナルアルバム。Coccoは11枚目のオリジナルアルバム。ヒトリエは不幸を乗り越えて3人で再スタートした1枚、リッキー・ウォリックはジ・オールマイティのフロントマンでソロ5枚目のアルバム、ホワイトスネイクはブルースロックナンバーを中心としたベストアルバム。

リアム・ギャラガーの「アズ・イット・ワズ」はドキュメンタリー映画。ダウンロード販売は昨年末していましたが、パッケージとサブクリ(アマゾンプライムなど)は今秋からとなります。

https://asitwas.jp/

2月第2週の新譜です。

今週は、millennium parade、ずっと真夜中でいいのに。、MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARI、井上苑子、ソナーポケット、TWO-MIX、シングルでyama、Uru、関ジャニ∞、BREAKERZ、ヤバイTシャツ屋さん、GENERATIONS、洋楽はシーア、ザ・ホワイト・ストライプス、アーク・オブ・ライフ、ペール・ウェーブ、イングロリアス、ジョエル・ホークストラズ 13。ジャズで小林香織。

millennium paradeはKing Gnuの常田大希の新プロジェクト。今作が1stアルバム。SEKAI NO OWARIはベストアルバム、ずっと真夜中でいいのに。は2ndアルバム、今旬のアーティスト。シングルのyamaも今話題のアーティスト。前作まではダウンロード販売のみでしたが今回はパッケージ販売でアニメ主題歌。Uruは北川景子主演映画主題歌、シーアはオーストラリアの女性シンガー、2019年フジロックのヘッドライナーも務めている。今作は2枚目のアルバム、ザ・ホワイト・ストライプスはベスト盤、アーク・オブ・ライフは現イエスのメンバーなどでされたバンド、イングロリアスはウリ・ジョン・ロートのボーカリストのネイサン・ジェイムズのハードロックバンド、ザ・バンドは3rdアルバムの50周年記念盤、ペール・ウェーブはイギリスのインディーロックバンドでセカンドアルバム、小林香織は人気のジャズサックスプレイヤー、今作はデビュー15周年記念アルバム。

2月第1週の新譜です。

今週は、アイナ・ジ・エンド、SUPER BEAVER、THE YELLOW MONKEY、daisuke katayama、中島愛。シングルでSKE48、フジファブリック、緑黄色野菜。洋楽はフーファイターズ、コモン、トーチャード・ディーモン 。クラシックでジョンウィリアムズ、アンドリス・ネルソンス。配信限定で菅田将暉、スロウタイ、Nissy

アイナ・ジ・エンドはBiSHのメンバーでソロアルバム、イエローモンキーはライブ盤、SUPER BEAVERはメジャー復帰第一弾アルバム、シングルのSKE48は松井珠理奈卒業記念シングル、緑黄色野菜は半妖の夜叉姫のエンディングソング、フーファイターズは10枚目の」オリジナルアルバム、トーチャード・ディーモンは平均年齢15歳の若いメタルバンドですが、見た目にこだわらず聴いてほしいバンド、アンドリス・ネルソンスはブルックナー交響曲全曲録音シリーズ第5弾。

1月第5週の新譜です。

今週は、錦戸亮、城南海、崎山蒼志、BOYS AND MEN、ヨルシカ、ASCA、夜の本気ダンス、Little Parade、広瀬香美、SUPER JUNIOR、。シングルは秋山黄色、内田雄馬、乃木坂46、秦基博。洋楽は、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、マイク・ヴァイオラ、フィーバー333,マイケルシェンカーグループ、アクセプト、ビーチボーイズ。クラシックはニューイヤーコンサート、ヤニック・ネゼ=セガン。

錦戸亮は2ndアルバム、城 南海はディズニーの「ムーラン」主題歌を含む10枚目のアルバム、崎山蒼志は浜松市出身の18歳シンガーソングライターで3枚目のアルバムでメジャーデビュー盤、BOYS AND MENは10周年記念盤、ヨルシカはEP盤で「春泥棒」収録、広瀬香美は歌ってみた」動画で話題となったカバー集、Little Paradeは元Aqua Timezのボーカル・太志のソロプロジェクト、夜の本気ダンスはミニアルバム、FEVER 333はデジタルリリースしていたのをパッケージ化、メッセージ色の強い内容、マイケル・シェンカー・グループ名義のアルバムは50年の歴史が凝縮した内容。英国のブリング・ミー・ザ・ホライズンは今年EPの連続リリースしますが今作はその第一弾。ニューイヤーコンサートは6回目のリッカルド・ムーティが指揮。

1月第4週の新譜です。

今週は、Little Glee Monster、森内寛樹、宮沢和史、コバソロ、WOMCADOLE、Da-iCE 、DEEN、BAND-MAID、阿部真央、MONKEY MAJIK、豆芝の大群、Survive Said The Prophet、林部智史。シングルは、家入レオ、凛として時雨、Snow Man。洋楽はテイラースウィフト、 ザ・デッド・デイジーズ、ファイヤーフォール、セリオン。配信限定で森七菜、岡野昭仁、神はサイコロを振らない

Little Glee Monsterは初ベストアルバム、森内寛樹はMY FIRST STORYのHiro。ソロアルバムでカバー集。宮沢和史は新曲4曲、久石譲作曲の「旅立ちの時」の再録音などを収録、Da-iCEはオリジナルアルバム、ワンピース主題歌などを収録、DEENは懐かしのシティポップカバー集、阿部真央もカバー集、BAND-MAIDはポニーキャニオン移籍第一弾アルバム、テイラースウィフトはストリーミング先行で発売していたもので、国内盤はボーナストラック付。

1月第3週の新譜です。

今週は、キュウソネコカミ、THEイナズマ戦隊、7ORDER、SPEED、シングルはジャニーズWEST、FLOW、BMK、LiSA。洋楽はAVA・MAX、アクセプト、WHY DON`T WE。

今秋まで発売タイトルは少な目。SPEEDは25周年でSPEED名義で発売されたすべてのシングル、アルバム楽曲をオリジナルバージョンにこだわって完全収録した豪華BOX,キュウソネコカミはミニアルバム、THEイナズマ戦隊は14枚目のアルバム、7ORDERは、元ジャニーズ7名で構成されたユニットでメジャー1stアルバム、ジャニーズ WESTは深夜ドラマ主題歌、FLOWは35枚目のシングル、LiSAはアニメ「バック・アロウ」主題歌、作詞も担当。エイバ・マックスはアメリカのシンガーソングライター、シングル「キングス&クイーンズ」は全米で大ヒット、アクセプトはジャーマンメタルの古参。

12月第5週~1月第2週の新譜です。

年末年始で発売タイトル数が少ないので2週間分になります。瑛人、May J、YOASOBI、スダンナユズユリー、宇野実彩子、E-girls、SixTONES、GReeeeN。シングルでEXILE TRIBE、SPYAIR、さなり、DOES、sumac、Anly。洋楽は、バリーギブ、アニメでアーヤと魔女、銀魂THE FINAL。

瑛人は初のオリジナルフルアルバム、May Jはオリジナルとカバーをそれぞれ選曲したベストアルバム、E-girlsは最後のベストアルバム、宇野実彩子はミニアルバム、SixTONESは1stアルバム、YOASOBIは、EP盤ですが、初パッケージ、GReeeeNは星影のエールを含む内容。シングルですが、Anlyは実力派シンガー、今後要注目。バリーギブはビージーズ時代の曲をアメリカを代表とするアーティストとコラボレーションした作品、ワンリパブリックは12月31日にデジタル配信でニューアルバム発売。アニメの「アーヤと魔女」は宮崎駿の息子宮崎吾郎の監督作品で、音楽は武部聡志。映画「銀魂 THE FINAL」は劇場公開日に同時発売。

12月第4週の新譜です。

今週は、KinKi Kids、大黒摩季、PassCode、アンダーグラフ、グループ魂、夜韻、岡崎体育、BABYMETAL、柴田淳、雨のパレード。シングルは、東京スカパラダイスオーケストラ、NEWS、KREVA、くるり。洋楽で、ビー・ザ・ウルフ、オータムズザチャイルド、ヴォイヴォド、ダーク・トランキュリティ、ブラックモアザナイト。ジャズでティル・ブレナー&ボブジェームス。クラシックで大萩康司。

KinKi Kidsは4年ぶりのアルバム、竹内アンナ、久保田利伸、細野晴臣など豪華な作家陣に支えられた内容、グループ魂は5年ぶりのアルバム、岡崎体育は劇場版ポケットモンスターの前編書き下ろしで木村カエラ、トータス松本などもボーカリストで参加、BABYMETALは10周年で10曲入ベストアルバム。PassCodeはヒットシングル「STARRY SKY」を収録したアルバム、夜韻はシンガーソングライター、あれくんなど3人で構成されたユニットでメジャーデビュー盤、雨のパレードは今年1月についでのアルバム、
ブラックモアザナイトはクリスマスEP盤、ヴォイヴォドはベテランのメタルバンドで今作はライブ盤、同じくベテランのメタルバンド、ダーク・トランキュリティは4枚目のアルバム、ビー・ザ・ウルフはイタリアの3ピースバンドで4枚目のアルバム。

先週詳しくお伝え出来ませんでしたが、78歳のポールマッカートニーはソロ名義でのアルバム発売50周年の作品です。2からは40年ぶり、前作「エジプトステーション」からは2年ぶりとなります。こういうベテランになるとサブクリ(ストリーミング)はほとんどなく実物CDかダウンロードの売上が大半です。

ビルボードですが、毎年この時期になるとマイケル・ブーブレのクリスマスアルバムがチャートインします。

12月第3週の新譜です。

今週は、ポルカドットスティングレイ、Hey! Say! JUMP、凛として時雨 ピエール中野、amazarashi 、シングルは、King & Prince、モーニング娘。20、EXILE、Little Glee Monster、SEKAI NO OWARI、超特急、洋楽で配信、輸入盤先行でテイラースウィフト、マイリーサイラス、ロイヤルハント、ジミヘンドリックス、ポールマッカートニー、ヨーヨーマ、バレンボイム

Hey! Say! JUMPは8枚目のオリジナルアルバム、ポルカドットスティングレイは3枚目のアルバム、モード学園のTV-CMソング「バケノカワ」などタイアップも多数収録。シングルのモーニング娘。は69枚目の新曲、EXILEは50枚目になります。Little Glee Monsterはアメリカでも大人気アカペラグループPentatonixとのコラボ曲。SEKAI NO OWARIはTBSドラマ主題歌、King & PrinceはセブンイレブンのCM曲。テイラースウィフトは前作の発売から半年くらいで突然発表、音の傾向は前作と同じ傾向、マイリーサイラスは父親が有名なカントリーシンガー。今作は7枚目で米国でも大ヒット中。ベテランのロイヤルハントは3年ぶりのスタジオアルバム。

12月第2週の新譜です。

今週は、福山雅治、ナナヲアカリ、AAA、大森靖子、パスピエ、眉村ちあき、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、wakana、JUNNA、CONCERTO MOON、少年隊。シングルで櫻坂46、宮野真守、THE RAMPAGE、坂本真綾。洋楽でジョナスブルー、アヴァランチーズ、カダヴァー、マシン・ガン・ケリー。

福山雅治は6年8ケ月振りとなるオリジナルアルバム。ヒットしたシングルが沢山入っています。ナナヲアカリは2年ぶりのアルバム、AAAは7年ぶりのMIXアルバム、大森靖子は5枚目のフルアルバム、パスピエは4ピースロックバンドで結成10周年で6枚目のアルバム、OAUはオールタイムベスト盤、眉村ちあきは3枚目のアルバム、Wakanaは昨年解散したKalafinaのメンバーで今作はカバー集、櫻坂46は櫻坂46名義で初めてのシングル。紅白歌合戦に出場します。アヴァランチーズはオーストラリアのバンドで1stアルバムで鮮烈なデビューを飾りました。ただその後沈黙、そして2016年にカムバックしてアルバムを発売、今作は4年ぶりのアルバムになります。ジョナス・ブルーはイギリスの人気DJ、IZ*ONEやリタ・オラなどとコラボしたオリジナルアルバム。カダヴァーはノルウェーのデスメタルバンドで16年ぶりのアルバム、マシン・ガン・ケリーは俳優も兼ねるラッパー、今作はラップではなくポップパンクアルバム。フィルハーモニクスはベルリンフィルとウィーンフィルのソリストが集まったジャンルを超えた楽曲の数々。

12月第1週の新譜です。

今週は、ミスターチルドレン、milet、ザ・クロマニヨンズ、松任谷由実、ストレイテナー、Brian the Sun、中島美嘉、KEIKO、中島みゆき、徳永暁人、doa。シングルで、King Gnu、NiziU。洋楽でアイアンセイヴァー、ペンタトニックス、ショーン・メンデス、ヤングブラッド、ピアノガイズ。フィル・キャンベル、ジャズでデイブブルーベック、リーリトナー、渡辺貞夫。クラシックで、カティア・ブニアティシヴィリ、ザ・カネー=メイソンズ。

Mr.Childrenは通算20枚目のオリジナルアルバム、ストレイテナーは11枚目のアルバム、松任谷由実は39枚目のアルバム、中島みゆきはセレクトアルバム、中島美嘉は藤巻亮太とのコラボ曲などを含めた企画盤、KEIKOは Kalafinaのメンバーでソロとしては初めてのアルバム、徳永暁人は作編曲家でセルフカバー集、doaはクリスマスソングを含む12枚目のアルバム、Brian the Sunはベスト盤、miletはEP盤、紅白に出ます。NiziUは若い女の子に人気の9人組。初シングルですが紅白出場も決まっています。ショーンメンデスはカナダ出身の22歳のシンガー。アメリカで大成功をおさめています。今回は4作目。ペンタトニックスはクリスマスアルバムは毎年発売しますが、必ずチャートインする人気コーラスグループ、ピアノガイズはアメリカのピアノとチェロの4人組、フィル・キャンベルはモーターヘッドのギタリストで子供たちとアルバム制作。今作が2枚目。ヤングブラッドはドミニク・ハリソンのプロジェクト。2年ぶりのニューアルバム。
https://www.youtube.com/watch?v=GrAchTdepsU

11月第4週の新譜です。

今週は、加藤ミリヤ、私立恵比寿中学、布袋寅泰、Rei,渡辺美里、GARNiDELiA、FOMARE、鬼束ちひろ、シングルはDa-iCE、菅田将暉、KANA-BOON。洋楽は、ドリームシアター、ビリー・ジョー・アームストロング、ソドム、モルチャット・ドーマ、ジョシュ・グローバン、エリッククラプトン、スマッシング・パンプキンズ、カイリーミノーグ、AMAHIRU。

加藤ミリヤは2枚組カバーアルバムで、男性カバー(King Gnu、清水翔太など)と女性カバー(椎名林檎、宇多田ヒカルなど)に分かれています。私立恵比寿中学は秋のワンマンコンサートのライブ盤、鬼束ちひろはデビュー20周年で8枚目のオリジナルアルバム、GARNiDELiA(ガルニデリア)はデビュー10周年で2年ぶりのオリジナルアルバム、渡辺美里は6thアルバム「tokyo」のリマスター、FOMARE(フォマレ)は3ピースのロックバンドで今回がメジャーデビュー盤になります。シングルの菅田将暉は映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌。ビリー・ジョー・アームストロングはグリーンデイのフロントマン。今回はカバー集でジョン・レノンの「Gimme Some Truth」バングルス「Manic Monday」など収録、ドリームシアターはライブ盤、80年代のユーロポップの人気歌手、カイリーミノーグのニューアルバム、海外先行で発売していますが大ヒットです。ジョシュ・グローバンは米国の人気歌手。今回は、ポピュラーの名曲の数々を歌い上げています。Molchat Domaは東ヨーロッパ、ベラルーシのポストパンクバンド。今作は3枚目のアルバムになります。
https://www.youtube.com/watch?v=gHDvz1AxfIs

11月第3週の新譜です。

今週は、Ghost like girlfriend、宮本浩次、KIRINJI、瀧川ありさ、KOTOKO、Def Tech、MISIA、東京パフォーマンスドール、BLUE ENCOUNT。シングルでGENERATIONS、go!go!vanillas、TWICE、NMB48。洋楽でダーティ・ループス、ピンクフロイド、アイアン・メイデン、デイヴ・エレフソン、ジェイミー・カラム、アンドレア・ボチェッリ

宮本浩次は70~90年代の女性ボーカリストのナンバーをカバー、KIRINJIはベスト盤、KOTOKOはアニメベスト、MISIAはクリスマスアルバム、瀧川ありさは5曲入りミニアルバム、BLUE ENCOUNTは2年8か月ぶりのオリジナルアルバム、Def Techもオリジナルアルバム「Like I Do」や「Surf Me To Ocean」も収録、東京パフォーマンスドールは過去30年のベストなナンバー20曲をノンストップミックスで収録、ダーティ・ループスは6年ぶりの2ndアルバム、デイヴ・エレフソンはメガデスのベーシストで過去のメタルやパワーポップナンバーをカバー、ジェイミーカラムはクリスマスアルバム、アンドレア・ボチェッリは人気のテナー歌手、賛美歌や先日亡くなったエンリオモリコーネの楽曲まで幅広く収録。映像ですが竹内まりやが発売、往年のファンにとってはうれしい発売。

11月第2週の新譜です。

今週は、渋谷すばる、清水翔太、HAN-KUN、熊木杏里、yonawo。シングルでSixTONES、[Alexandros]、 FANTASTICS from EXILE TRIBE、三浦大知、高野洸、SPYAIR。洋楽は、ドージャ・キャット、AC/DC、ブライアン・イーノ、エルトン・ジョン。配信は秋山黄色。

清水翔太はミニアルバム、浜田省吾もミニアルバムで過去の楽曲をリミックスした作品集、yonawoは個性的なネオソウルバンドで今回がフルアルバムになります。渋谷すばるは1年半ぶりの2ndアルバム、湘南乃風のHAN-KUNは3年ぶりのオリジナルアルバム、ビリーアイリッシュが主題歌で話題になっている007のサントラ盤は輸入盤で発売、エルトンジョンは8枚組のシングル集、AC/DCは6年ぶりのアルバム、ブライアンイーノは過去で使われた映画やテレビで使われたコレクション、ドージャ・キャットは25歳の女性ラッパー、彼女の名前は知らなくても、ダンスナンバーの「セイソー」はご存じの方も多いと思います。全米で大ヒットした配信限定のセカンドアルバムのCD課。

前回きちんとご案内出来なかったアリアナグランデのニューアルバムが先週金曜日に発売になっています。シングルカットされた「 positions 」はビルボード1位でビデオの作りは彼女の若い女性ファンも安心できる内容になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=tcYodQoapMg

11月第1週の新譜です。

今週は、嵐、マカロニえんぴつ、the telephones、fripSide、C&K,EXILE ATSUSHI、シングルでBUMP OF CHICKEN、ケツメイシ、Sexy Zone 、ASCA,ラストアイドル、BoA。洋楽は、オリアンティ、ホワイトスネイク、エターナル・アイドル、ローズ・オブ・ブラック、ジェフ・スコット・ソート、ジャャッコ・ジャャクジク、パールジャム、ダベイビーリトルミックス、エンニオ・モリコーネ。クラシックは、ダニール・トリフォノフ。配信のみはハナレグミなどがあります。

嵐は3年ぶり17枚目のオリジナルアルバム、マカロニえんぴつは今旬のアーティスト。今回は6曲入りのEP盤。EXILE ATSUSHIは6年ぶりのオリジナルアルバム、the telephonesは活動再開。5年ぶりのアルバムになります。fripSideはベストアルバム。Stray Kidsはミニアルバム、ホワイトスネイクはベストアルバム第二弾でラブソングを集めた内容、リトルミックスは6枚目のアルバム、パールジャムは1992年のアンプラグドで初CD化です。エンリオモリコーネはレアな音源が主ですが、マニアには堪らない内容です。チャーリーパーカーは生誕100周年で未発表テイクなど貴重な音源がCD化。アンハード・バードは、未発表テイク集になります。
BUMP OF CHICKENは昨年のライブ映像とポケモンのタイアップシングル。

10月第5週の新譜です。

今週は、chay、MonsterZ MATE、加藤ミリヤのトリビュートアルバム、ベリーグッドマン、WANDS、シングルでUru、ビッケブランカVS岡崎体育、山本彩。洋楽は、ジュースワールド、サム・スミス、ナッシング・バット・シーヴス、バートバカラック、カーカス、エルヴィス・コステロ、ジャズでT-SQUARE、キースジャレット、リマスターではサンタナ、U2などがあります。

加藤ミリヤのトリビュートアルバム「INSPIRE」は、瑛人、LISAなど旬なアーティストも参加した豪華な内容、ベリーグッドマンは移籍第1弾で8枚目のオリジナルアルバム、WANDSはオリジナルアルバムとしては21年ぶりとなります、chayははじめてのベストアルバム、ジュースワールドは米国シカゴ出身のラッパー、昨年12月に21歳で亡くなっています。マシュメロとのコラボ曲「Come & Go」は現在もチャートインしています。サムスミスは3枚目のオリジナルアルバムで今回はバラード以外のナンバーも収めた意欲作、エルヴィス・コステロは2年ぶりのアルバム、キースジャレットは2016年のライブ録音、体調不良で今後のライブ活動が難しくなっているので貴重な晩になります。

10月第4週の新譜です。

今週は、高橋優、IZ*ONE、銀杏BOYZ、尾崎裕哉、名古屋ギター女子部、THE BLUE HEARTS、矢沢永吉、tricot、ハンバートハンバート、JUJU、クリープハイプ、藤原さくら、星野源、ClariS。シングルで、aiko、SUPER BEAVER、A.B.C-Z、ナナヲアカリ、洋楽はGorillaz、パブリックエナミー、ブルーススプリングスティーン、モルス・プリンシピアム・エスト、ジェファーソン・スターシップ、ジャズでケイコリー、メロディ・ガルドー。

矢沢永吉はバラードベスト、THE BLUE HEARTSはオールタイムベスト、 名古屋ギター女子部は5人組ユニットで今回がメジャー第一作、尾崎裕哉はソニー移籍第一弾アルバム、クリープハイプは、劇場アニメ「どうにかなる日々」の音楽担当したサントラ、藤原さくらは3枚目のオリジナルアルバム、高橋優は2年ぶり7作目のオリジナルアルバム、星野源は過去のシングルをコンプリート盤で発売、IZ*ONEは韓国と日本合同アイドルグループで今回が日本で初めてのアルバム、ジェファーソン・スターシップは紅一点のグレイス・スリック(もう80歳)は作曲のみで参加、新しいメンバーも入れて作っています。モルス・プリンシピアム・エストはフィンランドのデスメタルバンドで7枚目のアルバム、Gorllazはブラーのデーモン・アルバーンのバンドで2年ぶりのアルバムになります。ベックやエルトンジョンなど豪華なゲストを迎えたコラボアルバム、ブルーススプリングスティーンはEストリートバンドと8年ぶりの競演。ヒップホップ界重鎮パブリック・エナミーはデフジャム復活第一弾。

10月第3週の新譜です。

今週は、和楽器バンド、LiSA、矢井田瞳、真心ブラザーズ、パール兄弟、原田知世、DREAMS COME TRUE、阪本奨悟、SING for ONE、カノエラナ、LAMP IN TERREN、シングルでLiSA,コブクロ、手嶌葵。洋楽でザ・ヴァンプス、イーグルス、ザ・ストラッツ、ゴット・ハード、ベネディクション、プライド・オヴ・ライオンズ、カルロス・マリン、クラシックは五嶋みどり、宗村清志。デジタル配信のみでストレイテナー、

DREAMS COME TRUEはディスコヴァージョンにした内容で曲目はベストな選曲、和楽器バンドは、2年半ぶりのオリジナルアルバムで13曲入り、エヴァネッセンスのエイミー・リーをフィーチャーした「千本桜」など話題曲も入っています。LiSAは、3年ぶりのアルバムで紅蓮華も含む13曲、同時発売のシングルは鬼滅の刃の劇場版主題歌(アルバム未収録)、パール兄弟は再結成されてスタジオ録音されたもの、ザ・ヴァンプスはイギリスのバンド、前作はUKチャート1位になっています。ザ・ストラッツはイギリスのロックバンド。2年ぶりの3枚目、豪華な共演者も入っています。イーグルスはグレン・フライ、ドンフェルダー抜きでの初めてのライブ盤、五嶋みどりは新録音、ベートーヴェンのバイオリン協奏曲になります。
https://www.youtube.com/watch?v=j5e8C1nhe_s

10月第2週の新譜です。(昨週の続きです)

今週は。中島美嘉、SARD UNDERGROUND、佐野元春、SURFACE、欅坂46、竹内アンナ、GLIM SPANKY、ナオトインティライミ、藤原ヒロシ、工藤晴香、シングルでSnowMan、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ビリー・アイリッシュ、EXILE SHOKICHIとCrazyBoy。洋楽でアリシアキーズ、ブルーオイスターカルト、ジョンレノン、リンキンパーク、トラヴィス、DGM。クラシックで神尾真由子。配信でコインロッカーズ。

中島美嘉は3年ぶりのオリジナルアルバム、工藤晴香は人気上昇中の声優でミニアルバム、佐野元春はベスト盤、欅坂46は櫻坂46になる前のベスト盤、SURFACEは活動再開後2枚目のアルバム、GLIM SPANKYは5枚目のアルバム、アリシアキーズはアメリカでは圧倒的な人気のある女性アーティスト。去年、今年のグラミー賞授賞式の司会もしています。今回は7枚目のアルバム。ジョンレノンは生誕80年に新しいベスト盤をリリース、リンキンパークは代表作ハイブリッド・セオリーの20周年記念盤、トラヴィスは英国の人気ロックバンドで9枚目のアルバム。
https://www.youtube.com/watch?v=BLcM3fq6Quk

9月第5週の新譜です。

今週は、緑黄色社会、ヤバイTシャツ屋さん、みるきーうぇい、松田聖子、押尾コータロー、UNISON SQUARE GARDEN、マライアキャリー、ボンジョヴィ、クイーン、ロバートプラント、ロジャーウオーターズ、ヨンシー、シックス・フィート・アンダー、アイアン・エンジェル、コリィ・テイラー、エラ・フィッツジェラルド

緑黄色社会は愛知出身のバンドでメジャーデビューして2年ほど経過していますが、オリジナルフルアルバムは初めて。UNISON SQUARE GARDENは、2年8か月ぶりのアルバムで、風のライオン、Fateなどのタイアップ曲収録、ヤバイTシャツ屋さん は4枚目のアルバムでスプライト、いち髪などのCMタイアップ曲収録、みるきーうぇいはミニアルバム、洋楽はベテラン勢が多くリリース。ボンジョビは15枚目で今回は社会的メッセージを含んだ曲など昔とはひと味違う仕上がり、マライアキャリーはデビュー30周年でレア音源、未発表曲などを収録した内容、ロジャーウオーターズは映像ソフトと共に発売でフロイドの名曲ばかりのライブ盤、クイーンはアダムランバートがボーカルで参加したライブ、ヨンシー(ビルギッソン)はシガーロスのボーカリストで2枚目のソロアルバム、シックス・フィート・アンダーはデスメタルバンド、カンニバル・コープスの元ボーカリストのソロプロジェクト、アイアン・エンジェルはドイツのスラッシュメタルバンド、Corey Taylorはスリップノットのボーカリストで今回が初ソロ、ロバートプラントは2枚組のアンソロジー、エラ・フィッツジェラルドはヴァーブ時代の未発表音源。

9月第4週の新譜です。

今週は、日向坂46、ザ・クロマニヨンズ、MONOEYES、The Songbards、COLOR CREATION、BUCK-TIKU、SKY-HI、フレデリック、おはスタALLSTARS“、V6、洋楽で、サンタナ、ライオンハート、ウエイメーカー、ザ・チックス、ザ・ウェイト・バンド、カタクリズム、プリンス、ジャズでダイアナクラール、クラシックでダニエル・ロザコヴィッチ。

日向坂46は日向坂の名前になって初めてのアルバム、5人組ボーカルグループCOLOR CREATIONはセカンドアルバム、フレデリックはEP盤で新曲3曲にライブ2曲の構成、SKY-HIはベスト盤、MONOEYESは3枚目のオリジナルアルバム、洋楽のサンタナはデビューアルバム50周年記念盤、最新リマスター、紙ジャケットはもちろんですが、サラウンド・ミックスがこのサウンドに合います。サンタナファンは必聴です。デフトーンズはアメリカのメタルバンド、4年ぶりの新作です。プリンスは87年の傑作アルバムを未発表62曲入れての豪華リマスター盤、チックスはグラミー賞を多数獲得した女性3人のグループ。5作目のアルバムですが、ジャケットがお洒落。現役の女性ジャズボーカリストの中ではベテランのダイアナクラールは3年ぶりのアルバム、ダニエルロザコヴィッチは若干19歳ながら実力あるヴァイオリニストです。今回はベートーヴェンのコンチェルトに臨んでいます。先週の配信情報漏れは、ミスターチルドレン、でんぱ組.inc、眉村ちあきです。今週は同じくトイズファクトリーからマカロニえんぴつがあります。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=pvPsJFRGleA&feature=emb_logo

9月第3週の新譜です。

今週は、BENI、ABC-Z、ЯeaL、TWICE、森口博子、シングルでKis-My-Ft2、宮本浩次、Perfume。洋楽で、キース・アーバン、ニック・メイソン、ナパームデス、エース・フレーリー、キャット・スティーヴンス、レイヴン、オーロラ、デモライザー、ジャズでブラッドメルドー。

BENIは7曲入のEP盤でオリジナル曲で構成、TWICEはベスト盤シリーズ第3弾、ЯeaLは3人組の女性ロックバンドで今回はカバー曲も収録、Perfumeの新曲は2年半ぶりです。キースアーバンはオーストラリア出身の人気カントリーシンガー、ユスフ(キャットスティーヴンス)の「父と子」は50年ぶりのレコーディングになります。ニックメイスンはピンクフロイドのドラマーです。今作はフロイドのツアーメンバーでフロイド曲を再現。映像ソフトも発売されます。オーロラはノルウェー出身の期待の新人女性シンガー、摩訶不思議な感じもしますが、中毒性のある歌声とサウンドです。。ブラッドメルドーは日本でも人気のジャズピアニストの新作です。
https://www.youtube.com/watch?v=7YDkrJaiCrw

9月第2週の新譜です。

今週は、あいみょん、錦戸亮&赤西仁の共同プロジェクト「N/A」、9mm Parabellum Bullet、SEVENTEEN、BABYMETAL、Gorilla Attack、シングルでAimer、miwa、中川翔子、BOYS AND MEN、BREAKERZ、サンボマスター、洋楽はジョンレジェンド、マリリンマンソン、ダウズ、スザンヌ・ヴェガ、映像は乃木坂46、BABYMETAL.

あいみょんは3枚目のオリジナルフルアルバム、「私の家政夫ナギサさん」主題歌など12曲収録、9mm Parabellum Bulletはトリビュートアルバム、錦戸亮と赤西仁は話題の1枚、10曲入のアルバムになっています。BABYMETALはライブアルバム、Gorilla Attackはアーバンラップユニットと言われるように洗練された音楽、ジョンレジェンドは16曲入7枚目のアルバム、マリリンマンソンは11作目、現役で頑張っています。


9月第1週の新譜です。

今週は、King & Prince、松本孝弘、葉加瀬太郎、SILENT SIREN、Saucy Dog、Hilcrhyme、雨宮天、早見沙織、RADWIMPS、シングルは、Little Glee Monster、 BLUE ENCOUNT、STU48、清原果耶、サイダーガール。洋楽は、ザ・キラーズ、デクラン・マッケンナ、エン・マイナー、ザ・ローリングストーンズ、ストライパー、デペッシュモード。クラシックは、ラン・ラン。いきものがかり、足立佳奈の新曲は配信限定。

RADWIMPSはEP盤、King & Princeはセカンドアルバム、松本孝弘はインストアルバム、Saucy Dogはミニアルバム、葉加瀬太郎はオリジナルアルバム、Hilcrhymeは2年前からソロプロジェクトになっています、シングルの清原果耶は、18歳の女優で朝ドラの主演も決まっています、ザ・キラーズは輸入盤先行でアメリカだけでなくイギリスでも人気のオルタナロックバンドでitunesで1位になっています、デペッシュ・モードは2018年のライブ盤、デビューアルバムで話題になったデクラン・マッケンナは3年ぶりのニューアルバム、ローリングストーンズは1973年の名盤「山羊の頭のスープ」のマルチフォーマット盤、ラン・ランはバッハのゴルトベルク変奏曲。


8月第5週の新譜です。

今週は、Creepy Nuts、OKAMOTO‘S、Nothing`s Carved In Stone、山崎まさよし、植田真梨恵、安藤裕子、上白石萌音、[Alexandros]、 Attractions 。Ms.OOJA、洋楽は、メタリカ、ケイティ・ペリー、ディスクロージャー、リンチモブ、エリー・ゴールディング、ジャズでチックコリア、グレゴリー・ポーター。

上白石萌音は多くのタイアップ曲を含むオリジナルアルバム、Ms.OOJAは昭和の名曲のカバー集、[Alexandros]は自宅からリモートで制作されたアルバム、、山崎まさよしは5曲入EP、OKAMOTO‘S は6曲入EP、エリー・ゴールディングは4年ぶりのアルバム、ケイティ・ペリーは3年ぶり、メタリカは2回目のオーケストラ共演盤、ディスクロージャーはイギリスのダンスデュオ、リンチモブはデビューアルバムを再レコーディング、グレゴリー・ポーターはグラミー賞も獲得した人気ジャズボーカリストで8曲入のアルバム。

8月第4週の新譜です。

今週は、ヒトリエ、Reichi、Awich、楠木ともり、スキマスイッチ、MORISAKI WIN、,湯木慧、Michael Kaneko、Sou。シングルで関ジャニ∞、NMB48、BiS。洋楽は、ブルーズ・ピルズ、ブルース・ホーンズビー、サス・ジョーンズ。

関ジャニ∞は44枚目のシングルでカップリングの「歓喜の舞台」はフジテレビ「スポーツ情熱ソング」タイアップ曲、NMB48は23枚目のシングル曲で今回のセンターは5期生の梅山恋和と山本彩加。スキマスイッチは2枚目のコンセプトアルバム、ヒトリエは初のベストアルバムでライブ音源を含む全27曲収録の2枚組、女性ラッパーのReichi(レイチ)はミニアルバム、Michael Kanekoはアメリカ育ちのシンガーソングライターで今までは日本以外で実績を作ってました。Souは誕生日に合わせて7曲入りを発売、楠木ともりは声優で今回がメジャーデビューEPになります。湯木慧は女性シンガーソングライターで6曲入りのEPです。Awichも期待の新人です。7曲入りになります。ブルーズ・ピルズはスウェーデン出身、女性ヴォーカルでエリン・ラーション率いるロックバンド。ジャニス・ジョプリン再来と言われる彼女のボーカルは必聴。
https://www.youtube.com/watch?v=zO7E-D4yTS4

8月第3週の新譜です。

今週は、MY FIRST STORY、井口裕香、シングルで、Twenty★Twenty、GLAY、藍井エイル、PEDRO、平山カンタロウ。洋楽は、ビッフィ・クライロ、アークティック・レイン、ライオンヴィル、クラシックでジョン・ウィリアムズ。

MY FIRST STORYは2年ぶりのフルアルバムで新曲 全13曲。声優の井口裕香は3枚目のアルバム、シングルのTwenty★Twentyはジャニーズの所属アーティスト75人によるチャリティーソング、櫻井和寿の書き下ろし曲になります。藍井エイルは、ソードアート・オンライン 第3期第3部のエンディングテーマ曲、ビッフィ・クライロはイギリスのオルタナティブロックバンドで約4年ぶりのアルバム、ジョンウィリアムズは映画音楽の巨匠、今回はニューイヤーコンサートで使用している会場でウィーンフィルを指揮したライブ盤になります。旧作も再発されrます。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=BE7vBk_zLA4&feature=emb_logo

8月第2週の新譜です。(8/1が土曜のため2週の表記です)

今週は、米津玄師、ずっと真夜中でいいのに、大矢梨華子、AK-69。SgでSexy Zone、Official髭男dism、C&K。洋楽は、テイラースウィフト、ディープパープル、オンスロート。ジャズで黒田卓也、。

米津玄師は5枚目のアルバム、Lemonから感電までファン以外でも知っているナンバーが沢山入ったアルバム、ずっと真夜中でいいのには、6曲の新曲とオフボーカルなどで構成されたミニアルバム、テイラースウィフトは先日突然ダウンロード、サブクリで発表になったアルバム、今までのようなキャッチーな曲や最近のR&B色はありません。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=98pw3eBeJjQ

7月第5週の新譜です。

今週は、DAOKO、林部智史、Girls2、sgで嵐、洋楽は、ブランディ、ウォーキングス、ザ・ローリング・ストーンズ、アルカトラス、ディー・スナイダー、ブランドX,キャサリン・ジェンキンス、ジャズでセロニアス・モンク、クラシックでマルティン・シュタットフェルト。

嵐は「NHK2020ソング」、DAOKOは1年半ぶりの4枚目アルバム、ジェジュンはカバーアルバム、ローリングストーンズは1975年のライブで初CD化です。ミックテイラー在籍時と思われがちですが、脱退後すぐでロンウッドが入っています。 べランディは8年ぶりで実力派シンガー、ウォーキングスはノルウェー出身のパワーメタルバンドで2作目、ディースナイダーはトゥイステッド・シスターのボーカリスト、アルカトラスはグラハムボネット率いるバンドで4枚目、キャサリン。ジェンキンスはイギリス出身のメゾソプラノ歌手で今作は映画音楽を歌っています。マルティン・シュタットフェルトはドイツのピアニストで今回はヘンデルの作品に臨んでいます。
https://www.youtube.com/watch?v=7ghhRHRP6t4

7月第4週の新譜です。

今週は、BiSH、スターダストレビュー。洋楽は、ジェイソン・ムラーズ、ブラック・アイド・ピーズ、ダイアナロス、プライマルフィア、U.D.O.、カンサス、ヨーヨーマ、sgでSixTONES、NGT48。

BiSHは今月8日にベスト盤を発売していますが、今回はタイアップ曲などを集めた内容、スターダストレビューは2年ぶりのアルバム、ジェイソン・ムラーズは2年ぶりのアルバム、レゲエアーティストをゲストに迎えての内容。ブラック・アイド・ピーズはファーギー脱退後のアルバムになりますが、J. レイ・ソウルを入れてシングルも全米で大ヒットして衰えはありません。ダイアナロスは代表的なナンバーを現代風にリミックス、ジャーマンメタルのベテランバンドのプライマルフィア、U.D.O.もオリジナルアルバムです。カンサスは70年代の活躍したアメリカのプログレハードバンド。メンバーは入れ替わりましたが音の傾向は変わらずです。

7月第3週の新譜です。

今週は、MAN WITH A MISSION、坂本真綾、B.O.L.T。洋楽は、BTS、デストラクション、シャイニング・ブラック・フィーチュアリング・ボールズ&トーセン、ブラッディ・ヒールズ、ビギナーズost、アートブレイキー、仲道郁代。

MAN WITH A MISSIONは集大成三部作の最後のアルバム(ベスト盤)、坂本真綾は2013年以降のタイアップを完全収録したシングルコレクション、BTSは日本で4枚目のアルバムになります。前作から2年3か月ぶりです。シャイニング・ブラックはマーク・ボールズとオラフ・トーセンのスーパーユニットでボーカルのマークの魅力が前面に出たアルバム、デストラクションはライブアルバム、サントラの「ビギナーズ」は初CD化で1986年公開、ジュリアン・テンプル監督のヒット作です。アートブレイキーは完全未発表作品集で録音時期も代表作「モーニン」直後で充実した演奏が聴けます。仲道郁代は、2003年~2006年にかけて録音したベートーヴェンのピアノ・ソナタ集のボックス化。なお、エリー・ゴールディングのニューアルバムは輸入先行で国内盤は7/31発売予定。


7月第2週の新譜です。

今週は、Mrs. GREEN APPLE、AI、ハルカミライ、宮川大聖、TUBE、BiSH、佐々木彩夏。洋楽は、ボブディラン、New Found Glory、トーキョー・モーター・フィスト、プリンス、ジョシュア・レッドマンらのカルテット、カシオペア、 ジェラルド・クレイトン。

Mrs. GREEN APPLEはベストアルバム、またライブ映像も同日発売、佐々木彩夏は初のソロアルバム、AIはミニアルバム、宮川大聖はみやかわくん名義でなく本名でミニアルバムを制作、ハルカミライは4枚目のアルバム、BiSHは初のベスト盤、
ボブディランは79歳、8年ぶりのオリジナルアルバム、カイゴはノルウェーの人気DJ。今作が3枚目のアルバム。プリンスは裏ベスト的な内容でリミックスを中心とした内容。ニュー・ファウンド・グローリーはアメリカのパンクバンドで3年ぶりの10作目。ジョシュア・レッドマン はブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、ブライアン・ブレイドとのスーパーコンボで26年ぶりのアルバム。

7月第1週の新譜です。

今週は、渡辺美里、SHE‘S、小柳ゆき、betcover!!、ハラミちゃん、大西順子。洋楽でハイム、パワーウルフ、ポール・ウェラー。

渡辺美里は、3枚組ベスト、新曲2曲も入っています。ハラミちゃんは女性ピアニストでストリートピアノで有名に。今回はスタジオで録音されています。楽曲は有名な楽曲ばかり。SHE‘Sは吹田市出身のピアノロックバンドで今作が4枚目。betcover!!は、ヤナセジロウのソロプロジェクトで今作が2枚目のアルバム。「告白」のpvは個性の強い内容で楽しめます。小柳ゆきは13年ぶりのオリジナルアルバム。2年前に独立して今回はインディーズで発売。大西順子は京都出身のジャズピアニストで今回は3枚組のライブ盤、ハイムはアメリカ出身の3姉妹のインディーロックバンド。3年ぶり3作目のアルバム。パワーウルフはドイツのパワーメタルバンドで今作はベスト盤。ポールウェラーは2年ぶりの15作目アルバム。ポップセンス溢れる素晴らしい楽曲で構成されています。

6月第4週の新譜です。

今週は、GAKU-MC、鬼束ちひろ、TUBE,PIZZICATO ONE、琴音、paris match、山中千尋、スキマスイッチ、洋楽は、リアムギャラガー、グレイ・デイズ、ルベルト・リゴーニ、ファイヤーウィンド、ハウス・オブ・ローズ。映像で木村拓哉、UNISON SQUARE GARDEN 、ウカスカジー、倉木麻衣、FTISLAND。

鬼束ちひろ、スキマスイッチはライブ音源、琴音は新潟出身の女性シンガーで今作がファーストアルバム、paris matchは5年ぶりのアルバム、GAKU-MCはオリジナルアルバム、PIZZICATO ONEは小西康陽のソロプロジェクト、リアム・ギャラガーはMTVのアコースティックライブでオアシスナンバーも歌っています。グレイデイズはチェスター・ベニントンが在籍していたバンドでチェスターの音源だけ90年代のものを使用、山中千尋はクラシック、スタンダード、オリジナルありのバラエティーに富んだ作品。往年のロックファンならリックウエイクマン、トレヴァー・ラビン。

6月第3週の新譜です。今週は、ENDRECHERI、ゲスの極み乙女。、虹のコンキスタドール、SIM、洋楽はホワイトスネイク、ニールヤング、カーリー・レイ・ジェプセン、ビヨンド・ザ・ブラック、堂本剛のソロプロジェクト、ENDRECHERIはオリジナルアルバム、全16曲。ゲスの極み乙女は5月1日に配信していたアルバムのCD化。バンドルされているDVD,BDには昨年末の単独ライブ映像が収録。SiMは4年ぶりのアルバム、虹のコンキスタドールは2018年12月発売のベストアルバム以来のアルバム、カーリー・レイ・ジェプセンは日本独自規格盤で、前作の未収録曲で構成されたアルバム、ホワイトスネイクは、ベスト盤でバラード曲は含まれていません。ニールヤングは1975年に録音されてい幻の音源、ファン必聴。リマスターされているので音質も良さそう。女性ボーカリストのジェニファー・ハーベン率いるシンフォニックメタルバンド「ビヨンド・ザ・ブラック」は4枚目。ラム・オブ・ゴッドは5年ぶり8枚目のアルバム。発売してもツアーも出来ない、大きなプロモーションも出来ないとなると今まで通りの発売は厳しくなるのは当然かと思います。https://www.youtube.com/watch?v=AoAm4om0wTs

6月第2週の新譜です。

今週は、スカイピース、中山うり、ナイトメア、FlowBack、BPMD、マグナス・カールソンズ・フリー、ノラジョーンズ、T-SQUARE、ディカペラ。SgでKing & Princeがあります。配信のみでは、東京パフォーマンスドール、ジャック・ガラット、ナイルホーラン、OAU。

スカイピースは人気YouTuberで3枚目のアルバム、FlowBack はダンスユニットでコラボレーション・ミニ・アルバム、ナイトメアはベストアルバム、BPMDはハード・ロックのカヴァー・プロジェクトで70年代の懐かしのハードロックが蘇ります。ディズニー公式のアカペラ・グループ、ディカペラは2作目、ノラジョーンズは4年ぶりのフルアルバム。日本盤の対訳は芥川賞作家の川上未映子。

6月第1週の新譜です。

今週は、milet、DEPAPEPE、さユり、川嶋あい、洋楽はカタトニア、ゴーゴー・ペンギン。SgでSARD UNDERGROUND、大石昌良、tacica、ACIDMAN、go!go!vanillas。

milet(ミレイ)は女性シンガーソングライターで人気ドラマの主題歌などタイパップ曲を多く含んだファーストアルバム。DEPAPEPEは二人組のギターインストユニットでデビュー15周年の作品、さユりは2017年のファーストアルバム以来のアルバム。洋楽は30年のキャリアがある北欧メタルのカタトニアは4年ぶりのアルバム。

CDの発売はありませんが、最近の注目アーティストで男性シンガーソングライターの瑛人は「香水」が男女ユニットYOASOBIは「夜に駆ける」がチャートインしています。

5月第5週の新譜です。

今週は、三浦透子、Novelbright、くるり、GENIC。洋楽で、レディガガ、アレック・ベンジャミン、フェアリーランド、ナグルファー、サントラでエール、クラシックはクロノスカルテット。デジタル配信で宇多田ヒカル。

くるりは未発表曲を中心に構成されたコンセプトアルバム、三浦透子は小さな時はCM,映画、ドラマで活躍していましたが、飛躍したのは、新海誠監督最新作「天気の子」にてボーカリストで抜擢されてからになります。今作は7曲入りのミニアルバム、GENICは7人組のダンス&ボーカルグループでファーストアルバムになります。レディガガは発売延期になっていたアルバムです。売上が一時の勢いがなくなってきたのですが、昨年の主演映画がヒットして再ブームとなり今、ステューピッド・ラヴがアメリカで大ヒットしています。アレックスベンジャミンはアメリカ出身のシンガーソングライター、昨年のサマーソニックにも出演、今年も予定はありますが、。クロノスカルテットはアメリカの弦楽四重奏団で今作の作曲者はテリーライリー。宇多田ヒカルはサントリーCMソング。

5月第4週の新譜です。

今週は、flumpool、藤井 風、湘南乃風、さだまさし、FTISLAND、サニーデイ・サービス、yonige、Maica_n(マイカ)、Track‘s、洋楽は、ザ・ウィークエンド、THE 1975、ヴァンデンバーグ、ハー・チャリオット・アウェイツ、FM、スティーヴ・アオキ、チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット、諏訪内晶子。

Flumpoolは4年ぶり5枚目のオリジナルアルバム。湘南乃風は2年ぶり8枚目のオリジナルアルバム、藤井風は岡山出身の22歳。岡山弁を使ったインパクトある歌詞。曲も歌唱力もレベルの高い期待の新人です。FTISLANDはベストアルバム、yonigeは寝屋川出身の女性2人組ロックバンドで2枚目のアルバム、ザ・ウィークエンドはカナダ出身のR&Bシンガーでアメリカでは圧倒的な人気があります。THE1975はイギリスのポップロックバンド。アメリカでも商業的な成功をおさめています。今作は4枚目。
https://www.youtube.com/watch?v=m1jw6Jw1Fqk

5月第3週の新譜です。

今週は、絢香、家入レオ、SPECIAL OTHERS、Rain Drops、岡本真夜、FIELD OF VIEW、角松敏生。洋楽は、ウィーザー、パラダイス・ロスト、ヴェイダー、ジャズで平賀マリカ、ジョンコルトレーンインスで古澤巌。

絢香はカバーアルバム第二弾でカバーアルバムとしては7年ぶりです。家入レオはシングルなのですが、カバー曲を含めた7曲入りの豪華版、SPECIAL OTHERSは7枚目のオリジナルアルバム、角松敏生はセルフカバーアルバム、ジャケットデザインは80年代人気AORアルバムのエアプレイを意識したもの、ウィーザーは14枚目でタイトル通り、HR/METALな内容。ジョンコルトレーンは名作の60周年記念盤。
https://www.youtube.com/watch?v=VF-r5TtlT9w

5月第2週の新譜です。

今週は、ヘイリー・ウィリアムス、DIMENSION、アンネ=ゾフィー・ムター、チョ・ソンジン、アルゲリッチ&小澤征爾。
ヘイリー・ウィリアムスはパラモアのボーカルでソロで初めてのアルバムになります。パラモアも2017年以降アルバムを出していないのでファンにはうれしい1枚です。DIMENSIONはビーイング在籍のジャズ系バンド。今作は2年半ぶりのアルバムでキーボードの小野塚脱退後2人体制j初めてのアルバムになります。チョ・ソンジンは2015年のショパン国際ピアノコンクール1位の実力者、今作が5枚目。ムターのベートーヴェン三重協奏曲はヨーヨーマ、バレンボイムが加わる豪華な内容。アルゲリッチと小澤征爾は昨年5月、水戸で行われた共演でライブ録音。
動画はDoja Catです。ビルボード上位に入っている曲で、ラッパーではありますがネオソウルのスタイルなので比較的聞きやすいかなと思います。https://www.youtube.com/watch?v=pok8H_KF1FA

4月第5週の新譜です。

今週は、THE ORAL CIGARETTES、森恵、Da-iCE、洋楽は、ローズ・カズンズ、ビル・ラズウェル、アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス。

THE ORAL CIGARETTESは2年ぶり5枚目のアルバム。今週も新譜発売延期、中止が多い中でのビッグタイトル。彼らのホームページにアクセスしていただくと、なぜ発売に踏み切ったかについて書かれています。
https://theoralcigarettes.com/feature/suck_my_world
Da-iCE はボーカル&ダンスグループで今作が5枚目、森 恵は2016年以来のカバーアルバム。アヴィシャイ・コーエンのプロジェクトは今回がデビューアルバム。シングルでは、蒼井翔太が12枚目、南條愛乃、渕上 舞もアニメタイアップ、宇野実彩子は昨年10月のライブ映像。BAND-MAIDは今年2月のライブ映像。
https://www.youtube.com/watch?v=e3Q6vBIvuuU

4月第4週の新譜です。

今週は、井上苑子、MIYAVI、赤西仁、エドガー・サリヴァン、ショーティノ、トリヴィアム、コンセプション、フリーダムコール。sgでHKT48、コウ、THE RAMPAGE、宮野真守。

エドガー・サリヴァンは東京出身の2人組ユニットで「スッキリ」の2月テーマソング収録、赤西仁はベストアルバム、MIYAVIは12枚目のオリジナルアルバム、井上苑子はミニアルバムで6曲ともタイアップ曲、コンセプションはノルウェーのメタルバンドで23年ぶりのオリジナルアルバム、トリヴィアムはアメリカのメタルバンドで2年半ぶり、フリーダムコールは再発ですが、ファンにはうれしい1枚、クラシックファンにはギレリスのリマスター版がおすすめ。
なお、ソニーミュージック、ヤマハミュージックで発売予定のCDが全て延期になっています。

4月第3週の新譜です。

今週は、凛として時雨、INABA/SALAS、OKAMOTO‘S、赤い公園、鈴木雅之、Who-ya Extended、でんぱ組.inc、yonawo、カニエウェスト、EOB、ジェレミーザッカー、ザ・ブラック・ダリア・マーダー、寺井尚子、藤倉大。

凛として時雨は3年半ぶりのオリジナルアルバム、INABA/SALASは3年ぶりのアルバムで全12曲入り、OKAMOTO‘Sは初めてのベストアルバム、赤い公園はソニー移籍後のフルアルバム。鈴木雅之はロックナンバーを主体とした内容で、シャネルズなどの過去の曲の再録や洋楽カバーが入っています。Who-ya Extendedは、Who-yaを中心としたユニットで今回が初めてのフルアルバム。何かと話題の多いカニエウェストは9枚目のアルバム、豪華なゲストを迎えた内容。ザ・ブラック・ダリア・マーダーはアメリカで20年のキャリアあるデスメタルバンドで3年ぶりのアルバム。EOBはレディオヘッドのギタリストでエド・オブライエンのソロアルバム、ジェレミー・ザッカ―はアメリカの若手シンガーソングライターで今作がデビューアルバム。

4月第2週の新譜です。

今週は、東京事変、ナナヲアカリ、Anly、JUJU、嘘とカメレオン、スチャダラパー、ACE COLLECTION。洋楽は、ザ・ストロークス、ナイトウイッシュ、 ジョー・サトリアーニ、ロジャー・イーノ&ブライアン・イーノ、ホワイト・ストーンズ、鈴木良雄,山本剛、カセットテープ・ダイアリーズ、宮本笑里、テオドール・クルレンツィス。

JUJUはオールタイムベスト、東京事変は8年ぶりのアルバム、ナナヲアカリは「理系が恋に落ちたので証明してみた。」のEDテーマ曲を含む6曲入り、スチャダラパーは5年ぶりのアルバム、Anlyは沖縄出身のシンガーソングライターで2年ぶりのアルバム。ザ・ストロークスは20年以上のキャリアあるアメリカの人気ガレージロックバンドで7年ぶりのアルバム。ジョー・サトリアーニは2年ぶりのアルバム、ナイトウイッシュはシンフォニックメタルバンドで9枚目のアルバム、鈴木良雄と山本剛のデュオアルバムは往年のジャズファンにはたまらない1枚、人気ヴァイオリニストの宮本笑里は2年ぶりで今回はミニアルバム。なお発売予定だったレディガガのニューアルバムは延期未定になっています。

4月第1週の新譜です。

今週は、MAN WITH MISSION、ファンキー加藤、VALSHE。洋楽は、デュアリパ、パールジャム、ヘヴン・シャル・バーン、テスタメント、アド・インフィニトゥム、オール・タイム・ロウ。

年度末で今週は発売数が少なめです。VALSHEは女性の歌手、フルアルバムとしては3年ぶり4枚目のアルバム、ファンキー加藤は2年ぶりのアルバム、MAN WITH A MISSIONは10周年記念プロジェクトで2枚のアルバムが4/1と4/29に販売されます。洋楽のデュアリパはイギリス出身の24歳でアメリカでも大成功をおさめています。ヒット曲「ドント・スタート・ナウ」収録。ヘヴン・シャル・バーンはドイツのメタルコアバンドでメタルファンにおすすめの1枚、オールタイムロウはアメリカのポップロックバンドで通算8作目、グランジロックのベテランバンドのパールジャムは6年半ぶりの11作目。30年以上キャリアのあるスラッシュメタルバンドのテスタメントは12作目のアルバムです。


https://www.youtube.com/watch?reload=9&time_continue=80&v=IvytvMgUpis&feature=emb_logo

3月第4週の新譜

今週は、Kis-My-Ft2、和楽器バンド、BURNOUT SYNDROMES、FLOWER FLOWER、LOVE PSYCHEDELICO、Plastic Tree。洋楽は、ハーレム・スキャーレム、ミー・アンド・ザット・マン、ファイブセカンズオブサマー、イン・ディス・モーメント、
キャンディス・スプリングス。

和楽器バンド、LOVE PSYCHEDELICOはベストアルバム、FLOWER FLOWERはyuiを中心としたバンドで2年ぶりのアルバム、ハーレム・スキャーレム はカナダのベテランハードロックバンドで3年ぶりのアルバム、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーはオーストラリアのポップロックバンド。前作はアメリカでも1位を獲得し大ヒットしています。イン・ディス・モーメントはアメリカのメタルバンド、クイーンのWe Will Rock Youのカバー曲も含まれています。キャンディス・スプリングスは31歳の女性ジャズシンガー。日本盤には山崎まさよしとのデュエット曲も収録。

3月第3週の新譜

今週は、三代目J SOUL BROTHERS、大滝詠一、ジャニーズWEST 、Uru、東京スカパラダイスオーケストラ、安田レイ。洋楽は、ディジー・ミズ・リジー、ゴットハード、ラクーナ・コイル、キメラ、エルトンジョン、山本剛。

東京スカパラダイスオーケストラはエイベックスからの楽曲で構成されたベスト盤、Uruは女性シンガーソングライター、前作が2017年12月だったので約2年ぶりのアルバム。テセウスの船の主題歌も含まれています。大滝詠一はデビュー50周年で製作されたアルバム、三代目JSBはオリジナルアルバム、安田レイは4年ぶりのオリジナルアルバム、KEYTALKは初めてのベスト盤、ジャニーズWESTは6枚目のアルバム。ディジー・ミズ・リジーは30年以上のキャリアのあるデンマークのロックバンド、4年ぶりのアルバムになります。ゴットハードもベテランのハードロックバンドで3年ぶりのアルバム、ラクーナ・コイルはイタリアのメタルバンドで9枚目のアルバム、エルトンジョンはモスクワ公演のライブ盤でCDは初発売。

3月第2週の新譜

今週は、amazarashi、SPICY CHOCOLATE、大塚愛、遊助、2PM。洋楽は、ジュリア・マイケルズ、サーカ・ウェーヴス、ナイル・ホーラン、マシューモリソン、グループラヴ、コード・オレンジ、アルディメオラ。

amazarashiは青森出身のロックバンドで2年ぶりのアルバム、2PMは日本で初めてのベスト盤、遊助は9枚目のオリジナルアルバム、GLAYは4枚組のベスト盤、大塚愛はピアノ弾き語り集、SPICY CHOCOLATEは豪華なゲストを迎えたアルバム、ジュリア・マイケルズはアメリカで人気のシンガーソングライター。今作がデビューアルバム。ナイル・ホーランはワンダイレクションのメンバーでソロ2作目、サーカ・ウェーヴスはイギリスのインディーロックバンドで4作目、前作は英国チャート、ベスト10入り。マシュー・モリソンはミュージカルやアメリカのTVドラマで活躍、今作はディズニーカバー集、コードオレンジはアメリカのポスト・ハードコアバンド、アルディメオラは70年代80年代活躍したフュージョンギタリスト、今作はビートルズのカバー、グループラヴは2011年、2013年発売のアルバムがヒットしたインディロックバンド。3年ぶりのアルバムになります。