11月第4週の新譜です。

今週は、加藤ミリヤ、私立恵比寿中学、布袋寅泰、Rei,渡辺美里、GARNiDELiA、FOMARE、鬼束ちひろ、シングルはDa-iCE、菅田将暉、KANA-BOON。洋楽は、ドリームシアター、ビリー・ジョー・アームストロング、ソドム、モルチャット・ドーマ、ジョシュ・グローバン、エリッククラプトン、スマッシング・パンプキンズ、カイリーミノーグ、AMAHIRU。

加藤ミリヤは2枚組カバーアルバムで、男性カバー(King Gnu、清水翔太など)と女性カバー(椎名林檎、宇多田ヒカルなど)に分かれています。私立恵比寿中学は秋のワンマンコンサートのライブ盤、鬼束ちひろはデビュー20周年で8枚目のオリジナルアルバム、GARNiDELiA(ガルニデリア)はデビュー10周年で2年ぶりのオリジナルアルバム、渡辺美里は6thアルバム「tokyo」のリマスター、FOMARE(フォマレ)は3ピースのロックバンドで今回がメジャーデビュー盤になります。シングルの菅田将暉は映画『STAND BY ME ドラえもん 2』の主題歌。ビリー・ジョー・アームストロングはグリーンデイのフロントマン。今回はカバー集でジョン・レノンの「Gimme Some Truth」バングルス「Manic Monday」など収録、ドリームシアターはライブ盤、80年代のユーロポップの人気歌手、カイリーミノーグのニューアルバム、海外先行で発売していますが大ヒットです。ジョシュ・グローバンは米国の人気歌手。今回は、ポピュラーの名曲の数々を歌い上げています。Molchat Domaは東ヨーロッパ、ベラルーシのポストパンクバンド。今作は3枚目のアルバムになります。
https://www.youtube.com/watch?v=gHDvz1AxfIs

11月第3週の新譜です。

今週は、Ghost like girlfriend、宮本浩次、KIRINJI、瀧川ありさ、KOTOKO、Def Tech、MISIA、東京パフォーマンスドール、BLUE ENCOUNT。シングルでGENERATIONS、go!go!vanillas、TWICE、NMB48。洋楽でダーティ・ループス、ピンクフロイド、アイアン・メイデン、デイヴ・エレフソン、ジェイミー・カラム、アンドレア・ボチェッリ

宮本浩次は70~90年代の女性ボーカリストのナンバーをカバー、KIRINJIはベスト盤、KOTOKOはアニメベスト、MISIAはクリスマスアルバム、瀧川ありさは5曲入りミニアルバム、BLUE ENCOUNTは2年8か月ぶりのオリジナルアルバム、Def Techもオリジナルアルバム「Like I Do」や「Surf Me To Ocean」も収録、東京パフォーマンスドールは過去30年のベストなナンバー20曲をノンストップミックスで収録、ダーティ・ループスは6年ぶりの2ndアルバム、デイヴ・エレフソンはメガデスのベーシストで過去のメタルやパワーポップナンバーをカバー、ジェイミーカラムはクリスマスアルバム、アンドレア・ボチェッリは人気のテナー歌手、賛美歌や先日亡くなったエンリオモリコーネの楽曲まで幅広く収録。映像ですが竹内まりやが発売、往年のファンにとってはうれしい発売。

11月第2週の新譜です。

今週は、渋谷すばる、清水翔太、HAN-KUN、熊木杏里、yonawo。シングルでSixTONES、[Alexandros]、 FANTASTICS from EXILE TRIBE、三浦大知、高野洸、SPYAIR。洋楽は、ドージャ・キャット、AC/DC、ブライアン・イーノ、エルトン・ジョン。配信は秋山黄色。

清水翔太はミニアルバム、浜田省吾もミニアルバムで過去の楽曲をリミックスした作品集、yonawoは個性的なネオソウルバンドで今回がフルアルバムになります。渋谷すばるは1年半ぶりの2ndアルバム、湘南乃風のHAN-KUNは3年ぶりのオリジナルアルバム、ビリーアイリッシュが主題歌で話題になっている007のサントラ盤は輸入盤で発売、エルトンジョンは8枚組のシングル集、AC/DCは6年ぶりのアルバム、ブライアンイーノは過去で使われた映画やテレビで使われたコレクション、ドージャ・キャットは25歳の女性ラッパー、彼女の名前は知らなくても、ダンスナンバーの「セイソー」はご存じの方も多いと思います。全米で大ヒットした配信限定のセカンドアルバムのCD課。

前回きちんとご案内出来なかったアリアナグランデのニューアルバムが先週金曜日に発売になっています。シングルカットされた「 positions 」はビルボード1位でビデオの作りは彼女の若い女性ファンも安心できる内容になっています。

https://www.youtube.com/watch?v=tcYodQoapMg

11月第1週の新譜です。

今週は、嵐、マカロニえんぴつ、the telephones、fripSide、C&K,EXILE ATSUSHI、シングルでBUMP OF CHICKEN、ケツメイシ、Sexy Zone 、ASCA,ラストアイドル、BoA。洋楽は、オリアンティ、ホワイトスネイク、エターナル・アイドル、ローズ・オブ・ブラック、ジェフ・スコット・ソート、ジャャッコ・ジャャクジク、パールジャム、ダベイビーリトルミックス、エンニオ・モリコーネ。クラシックは、ダニール・トリフォノフ。配信のみはハナレグミなどがあります。

嵐は3年ぶり17枚目のオリジナルアルバム、マカロニえんぴつは今旬のアーティスト。今回は6曲入りのEP盤。EXILE ATSUSHIは6年ぶりのオリジナルアルバム、the telephonesは活動再開。5年ぶりのアルバムになります。fripSideはベストアルバム。Stray Kidsはミニアルバム、ホワイトスネイクはベストアルバム第二弾でラブソングを集めた内容、リトルミックスは6枚目のアルバム、パールジャムは1992年のアンプラグドで初CD化です。エンリオモリコーネはレアな音源が主ですが、マニアには堪らない内容です。チャーリーパーカーは生誕100周年で未発表テイクなど貴重な音源がCD化。アンハード・バードは、未発表テイク集になります。
BUMP OF CHICKENは昨年のライブ映像とポケモンのタイアップシングル。

10月第5週の新譜です。

今週は、chay、MonsterZ MATE、加藤ミリヤのトリビュートアルバム、ベリーグッドマン、WANDS、シングルでUru、ビッケブランカVS岡崎体育、山本彩。洋楽は、ジュースワールド、サム・スミス、ナッシング・バット・シーヴス、バートバカラック、カーカス、エルヴィス・コステロ、ジャズでT-SQUARE、キースジャレット、リマスターではサンタナ、U2などがあります。

加藤ミリヤのトリビュートアルバム「INSPIRE」は、瑛人、LISAなど旬なアーティストも参加した豪華な内容、ベリーグッドマンは移籍第1弾で8枚目のオリジナルアルバム、WANDSはオリジナルアルバムとしては21年ぶりとなります、chayははじめてのベストアルバム、ジュースワールドは米国シカゴ出身のラッパー、昨年12月に21歳で亡くなっています。マシュメロとのコラボ曲「Come & Go」は現在もチャートインしています。サムスミスは3枚目のオリジナルアルバムで今回はバラード以外のナンバーも収めた意欲作、エルヴィス・コステロは2年ぶりのアルバム、キースジャレットは2016年のライブ録音、体調不良で今後のライブ活動が難しくなっているので貴重な晩になります。

10月第4週の新譜です。

今週は、高橋優、IZ*ONE、銀杏BOYZ、尾崎裕哉、名古屋ギター女子部、THE BLUE HEARTS、矢沢永吉、tricot、ハンバートハンバート、JUJU、クリープハイプ、藤原さくら、星野源、ClariS。シングルで、aiko、SUPER BEAVER、A.B.C-Z、ナナヲアカリ、洋楽はGorillaz、パブリックエナミー、ブルーススプリングスティーン、モルス・プリンシピアム・エスト、ジェファーソン・スターシップ、ジャズでケイコリー、メロディ・ガルドー。

矢沢永吉はバラードベスト、THE BLUE HEARTSはオールタイムベスト、 名古屋ギター女子部は5人組ユニットで今回がメジャー第一作、尾崎裕哉はソニー移籍第一弾アルバム、クリープハイプは、劇場アニメ「どうにかなる日々」の音楽担当したサントラ、藤原さくらは3枚目のオリジナルアルバム、高橋優は2年ぶり7作目のオリジナルアルバム、星野源は過去のシングルをコンプリート盤で発売、IZ*ONEは韓国と日本合同アイドルグループで今回が日本で初めてのアルバム、ジェファーソン・スターシップは紅一点のグレイス・スリック(もう80歳)は作曲のみで参加、新しいメンバーも入れて作っています。モルス・プリンシピアム・エストはフィンランドのデスメタルバンドで7枚目のアルバム、Gorllazはブラーのデーモン・アルバーンのバンドで2年ぶりのアルバムになります。ベックやエルトンジョンなど豪華なゲストを迎えたコラボアルバム、ブルーススプリングスティーンはEストリートバンドと8年ぶりの競演。ヒップホップ界重鎮パブリック・エナミーはデフジャム復活第一弾。

10月第3週の新譜です。

今週は、和楽器バンド、LiSA、矢井田瞳、真心ブラザーズ、パール兄弟、原田知世、DREAMS COME TRUE、阪本奨悟、SING for ONE、カノエラナ、LAMP IN TERREN、シングルでLiSA,コブクロ、手嶌葵。洋楽でザ・ヴァンプス、イーグルス、ザ・ストラッツ、ゴット・ハード、ベネディクション、プライド・オヴ・ライオンズ、カルロス・マリン、クラシックは五嶋みどり、宗村清志。デジタル配信のみでストレイテナー、

DREAMS COME TRUEはディスコヴァージョンにした内容で曲目はベストな選曲、和楽器バンドは、2年半ぶりのオリジナルアルバムで13曲入り、エヴァネッセンスのエイミー・リーをフィーチャーした「千本桜」など話題曲も入っています。LiSAは、3年ぶりのアルバムで紅蓮華も含む13曲、同時発売のシングルは鬼滅の刃の劇場版主題歌(アルバム未収録)、パール兄弟は再結成されてスタジオ録音されたもの、ザ・ヴァンプスはイギリスのバンド、前作はUKチャート1位になっています。ザ・ストラッツはイギリスのロックバンド。2年ぶりの3枚目、豪華な共演者も入っています。イーグルスはグレン・フライ、ドンフェルダー抜きでの初めてのライブ盤、五嶋みどりは新録音、ベートーヴェンのバイオリン協奏曲になります。
https://www.youtube.com/watch?v=j5e8C1nhe_s

10月第2週の新譜です。(昨週の続きです)

今週は。中島美嘉、SARD UNDERGROUND、佐野元春、SURFACE、欅坂46、竹内アンナ、GLIM SPANKY、ナオトインティライミ、藤原ヒロシ、工藤晴香、シングルでSnowMan、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ビリー・アイリッシュ、EXILE SHOKICHIとCrazyBoy。洋楽でアリシアキーズ、ブルーオイスターカルト、ジョンレノン、リンキンパーク、トラヴィス、DGM。クラシックで神尾真由子。配信でコインロッカーズ。

中島美嘉は3年ぶりのオリジナルアルバム、工藤晴香は人気上昇中の声優でミニアルバム、佐野元春はベスト盤、欅坂46は櫻坂46になる前のベスト盤、SURFACEは活動再開後2枚目のアルバム、GLIM SPANKYは5枚目のアルバム、アリシアキーズはアメリカでは圧倒的な人気のある女性アーティスト。去年、今年のグラミー賞授賞式の司会もしています。今回は7枚目のアルバム。ジョンレノンは生誕80年に新しいベスト盤をリリース、リンキンパークは代表作ハイブリッド・セオリーの20周年記念盤、トラヴィスは英国の人気ロックバンドで9枚目のアルバム。
https://www.youtube.com/watch?v=BLcM3fq6Quk

9月第5週の新譜です。

今週は、緑黄色社会、ヤバイTシャツ屋さん、みるきーうぇい、松田聖子、押尾コータロー、UNISON SQUARE GARDEN、マライアキャリー、ボンジョヴィ、クイーン、ロバートプラント、ロジャーウオーターズ、ヨンシー、シックス・フィート・アンダー、アイアン・エンジェル、コリィ・テイラー、エラ・フィッツジェラルド

緑黄色社会は愛知出身のバンドでメジャーデビューして2年ほど経過していますが、オリジナルフルアルバムは初めて。UNISON SQUARE GARDENは、2年8か月ぶりのアルバムで、風のライオン、Fateなどのタイアップ曲収録、ヤバイTシャツ屋さん は4枚目のアルバムでスプライト、いち髪などのCMタイアップ曲収録、みるきーうぇいはミニアルバム、洋楽はベテラン勢が多くリリース。ボンジョビは15枚目で今回は社会的メッセージを含んだ曲など昔とはひと味違う仕上がり、マライアキャリーはデビュー30周年でレア音源、未発表曲などを収録した内容、ロジャーウオーターズは映像ソフトと共に発売でフロイドの名曲ばかりのライブ盤、クイーンはアダムランバートがボーカルで参加したライブ、ヨンシー(ビルギッソン)はシガーロスのボーカリストで2枚目のソロアルバム、シックス・フィート・アンダーはデスメタルバンド、カンニバル・コープスの元ボーカリストのソロプロジェクト、アイアン・エンジェルはドイツのスラッシュメタルバンド、Corey Taylorはスリップノットのボーカリストで今回が初ソロ、ロバートプラントは2枚組のアンソロジー、エラ・フィッツジェラルドはヴァーブ時代の未発表音源。

9月第4週の新譜です。

今週は、日向坂46、ザ・クロマニヨンズ、MONOEYES、The Songbards、COLOR CREATION、BUCK-TIKU、SKY-HI、フレデリック、おはスタALLSTARS“、V6、洋楽で、サンタナ、ライオンハート、ウエイメーカー、ザ・チックス、ザ・ウェイト・バンド、カタクリズム、プリンス、ジャズでダイアナクラール、クラシックでダニエル・ロザコヴィッチ。

日向坂46は日向坂の名前になって初めてのアルバム、5人組ボーカルグループCOLOR CREATIONはセカンドアルバム、フレデリックはEP盤で新曲3曲にライブ2曲の構成、SKY-HIはベスト盤、MONOEYESは3枚目のオリジナルアルバム、洋楽のサンタナはデビューアルバム50周年記念盤、最新リマスター、紙ジャケットはもちろんですが、サラウンド・ミックスがこのサウンドに合います。サンタナファンは必聴です。デフトーンズはアメリカのメタルバンド、4年ぶりの新作です。プリンスは87年の傑作アルバムを未発表62曲入れての豪華リマスター盤、チックスはグラミー賞を多数獲得した女性3人のグループ。5作目のアルバムですが、ジャケットがお洒落。現役の女性ジャズボーカリストの中ではベテランのダイアナクラールは3年ぶりのアルバム、ダニエルロザコヴィッチは若干19歳ながら実力あるヴァイオリニストです。今回はベートーヴェンのコンチェルトに臨んでいます。先週の配信情報漏れは、ミスターチルドレン、でんぱ組.inc、眉村ちあきです。今週は同じくトイズファクトリーからマカロニえんぴつがあります。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=pvPsJFRGleA&feature=emb_logo

9月第3週の新譜です。

今週は、BENI、ABC-Z、ЯeaL、TWICE、森口博子、シングルでKis-My-Ft2、宮本浩次、Perfume。洋楽で、キース・アーバン、ニック・メイソン、ナパームデス、エース・フレーリー、キャット・スティーヴンス、レイヴン、オーロラ、デモライザー、ジャズでブラッドメルドー。

BENIは7曲入のEP盤でオリジナル曲で構成、TWICEはベスト盤シリーズ第3弾、ЯeaLは3人組の女性ロックバンドで今回はカバー曲も収録、Perfumeの新曲は2年半ぶりです。キースアーバンはオーストラリア出身の人気カントリーシンガー、ユスフ(キャットスティーヴンス)の「父と子」は50年ぶりのレコーディングになります。ニックメイスンはピンクフロイドのドラマーです。今作はフロイドのツアーメンバーでフロイド曲を再現。映像ソフトも発売されます。オーロラはノルウェー出身の期待の新人女性シンガー、摩訶不思議な感じもしますが、中毒性のある歌声とサウンドです。。ブラッドメルドーは日本でも人気のジャズピアニストの新作です。
https://www.youtube.com/watch?v=7YDkrJaiCrw

9月第2週の新譜です。

今週は、あいみょん、錦戸亮&赤西仁の共同プロジェクト「N/A」、9mm Parabellum Bullet、SEVENTEEN、BABYMETAL、Gorilla Attack、シングルでAimer、miwa、中川翔子、BOYS AND MEN、BREAKERZ、サンボマスター、洋楽はジョンレジェンド、マリリンマンソン、ダウズ、スザンヌ・ヴェガ、映像は乃木坂46、BABYMETAL.

あいみょんは3枚目のオリジナルフルアルバム、「私の家政夫ナギサさん」主題歌など12曲収録、9mm Parabellum Bulletはトリビュートアルバム、錦戸亮と赤西仁は話題の1枚、10曲入のアルバムになっています。BABYMETALはライブアルバム、Gorilla Attackはアーバンラップユニットと言われるように洗練された音楽、ジョンレジェンドは16曲入7枚目のアルバム、マリリンマンソンは11作目、現役で頑張っています。


9月第1週の新譜です。

今週は、King & Prince、松本孝弘、葉加瀬太郎、SILENT SIREN、Saucy Dog、Hilcrhyme、雨宮天、早見沙織、RADWIMPS、シングルは、Little Glee Monster、 BLUE ENCOUNT、STU48、清原果耶、サイダーガール。洋楽は、ザ・キラーズ、デクラン・マッケンナ、エン・マイナー、ザ・ローリングストーンズ、ストライパー、デペッシュモード。クラシックは、ラン・ラン。いきものがかり、足立佳奈の新曲は配信限定。

RADWIMPSはEP盤、King & Princeはセカンドアルバム、松本孝弘はインストアルバム、Saucy Dogはミニアルバム、葉加瀬太郎はオリジナルアルバム、Hilcrhymeは2年前からソロプロジェクトになっています、シングルの清原果耶は、18歳の女優で朝ドラの主演も決まっています、ザ・キラーズは輸入盤先行でアメリカだけでなくイギリスでも人気のオルタナロックバンドでitunesで1位になっています、デペッシュ・モードは2018年のライブ盤、デビューアルバムで話題になったデクラン・マッケンナは3年ぶりのニューアルバム、ローリングストーンズは1973年の名盤「山羊の頭のスープ」のマルチフォーマット盤、ラン・ランはバッハのゴルトベルク変奏曲。


8月第5週の新譜です。

今週は、Creepy Nuts、OKAMOTO‘S、Nothing`s Carved In Stone、山崎まさよし、植田真梨恵、安藤裕子、上白石萌音、[Alexandros]、 Attractions 。Ms.OOJA、洋楽は、メタリカ、ケイティ・ペリー、ディスクロージャー、リンチモブ、エリー・ゴールディング、ジャズでチックコリア、グレゴリー・ポーター。

上白石萌音は多くのタイアップ曲を含むオリジナルアルバム、Ms.OOJAは昭和の名曲のカバー集、[Alexandros]は自宅からリモートで制作されたアルバム、、山崎まさよしは5曲入EP、OKAMOTO‘S は6曲入EP、エリー・ゴールディングは4年ぶりのアルバム、ケイティ・ペリーは3年ぶり、メタリカは2回目のオーケストラ共演盤、ディスクロージャーはイギリスのダンスデュオ、リンチモブはデビューアルバムを再レコーディング、グレゴリー・ポーターはグラミー賞も獲得した人気ジャズボーカリストで8曲入のアルバム。

8月第4週の新譜です。

今週は、ヒトリエ、Reichi、Awich、楠木ともり、スキマスイッチ、MORISAKI WIN、,湯木慧、Michael Kaneko、Sou。シングルで関ジャニ∞、NMB48、BiS。洋楽は、ブルーズ・ピルズ、ブルース・ホーンズビー、サス・ジョーンズ。

関ジャニ∞は44枚目のシングルでカップリングの「歓喜の舞台」はフジテレビ「スポーツ情熱ソング」タイアップ曲、NMB48は23枚目のシングル曲で今回のセンターは5期生の梅山恋和と山本彩加。スキマスイッチは2枚目のコンセプトアルバム、ヒトリエは初のベストアルバムでライブ音源を含む全27曲収録の2枚組、女性ラッパーのReichi(レイチ)はミニアルバム、Michael Kanekoはアメリカ育ちのシンガーソングライターで今までは日本以外で実績を作ってました。Souは誕生日に合わせて7曲入りを発売、楠木ともりは声優で今回がメジャーデビューEPになります。湯木慧は女性シンガーソングライターで6曲入りのEPです。Awichも期待の新人です。7曲入りになります。ブルーズ・ピルズはスウェーデン出身、女性ヴォーカルでエリン・ラーション率いるロックバンド。ジャニス・ジョプリン再来と言われる彼女のボーカルは必聴。
https://www.youtube.com/watch?v=zO7E-D4yTS4

8月第3週の新譜です。

今週は、MY FIRST STORY、井口裕香、シングルで、Twenty★Twenty、GLAY、藍井エイル、PEDRO、平山カンタロウ。洋楽は、ビッフィ・クライロ、アークティック・レイン、ライオンヴィル、クラシックでジョン・ウィリアムズ。

MY FIRST STORYは2年ぶりのフルアルバムで新曲 全13曲。声優の井口裕香は3枚目のアルバム、シングルのTwenty★Twentyはジャニーズの所属アーティスト75人によるチャリティーソング、櫻井和寿の書き下ろし曲になります。藍井エイルは、ソードアート・オンライン 第3期第3部のエンディングテーマ曲、ビッフィ・クライロはイギリスのオルタナティブロックバンドで約4年ぶりのアルバム、ジョンウィリアムズは映画音楽の巨匠、今回はニューイヤーコンサートで使用している会場でウィーンフィルを指揮したライブ盤になります。旧作も再発されrます。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=BE7vBk_zLA4&feature=emb_logo

8月第2週の新譜です。(8/1が土曜のため2週の表記です)

今週は、米津玄師、ずっと真夜中でいいのに、大矢梨華子、AK-69。SgでSexy Zone、Official髭男dism、C&K。洋楽は、テイラースウィフト、ディープパープル、オンスロート。ジャズで黒田卓也、。

米津玄師は5枚目のアルバム、Lemonから感電までファン以外でも知っているナンバーが沢山入ったアルバム、ずっと真夜中でいいのには、6曲の新曲とオフボーカルなどで構成されたミニアルバム、テイラースウィフトは先日突然ダウンロード、サブクリで発表になったアルバム、今までのようなキャッチーな曲や最近のR&B色はありません。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=98pw3eBeJjQ

7月第5週の新譜です。

今週は、DAOKO、林部智史、Girls2、sgで嵐、洋楽は、ブランディ、ウォーキングス、ザ・ローリング・ストーンズ、アルカトラス、ディー・スナイダー、ブランドX,キャサリン・ジェンキンス、ジャズでセロニアス・モンク、クラシックでマルティン・シュタットフェルト。

嵐は「NHK2020ソング」、DAOKOは1年半ぶりの4枚目アルバム、ジェジュンはカバーアルバム、ローリングストーンズは1975年のライブで初CD化です。ミックテイラー在籍時と思われがちですが、脱退後すぐでロンウッドが入っています。 べランディは8年ぶりで実力派シンガー、ウォーキングスはノルウェー出身のパワーメタルバンドで2作目、ディースナイダーはトゥイステッド・シスターのボーカリスト、アルカトラスはグラハムボネット率いるバンドで4枚目、キャサリン。ジェンキンスはイギリス出身のメゾソプラノ歌手で今作は映画音楽を歌っています。マルティン・シュタットフェルトはドイツのピアニストで今回はヘンデルの作品に臨んでいます。
https://www.youtube.com/watch?v=7ghhRHRP6t4

7月第4週の新譜です。

今週は、BiSH、スターダストレビュー。洋楽は、ジェイソン・ムラーズ、ブラック・アイド・ピーズ、ダイアナロス、プライマルフィア、U.D.O.、カンサス、ヨーヨーマ、sgでSixTONES、NGT48。

BiSHは今月8日にベスト盤を発売していますが、今回はタイアップ曲などを集めた内容、スターダストレビューは2年ぶりのアルバム、ジェイソン・ムラーズは2年ぶりのアルバム、レゲエアーティストをゲストに迎えての内容。ブラック・アイド・ピーズはファーギー脱退後のアルバムになりますが、J. レイ・ソウルを入れてシングルも全米で大ヒットして衰えはありません。ダイアナロスは代表的なナンバーを現代風にリミックス、ジャーマンメタルのベテランバンドのプライマルフィア、U.D.O.もオリジナルアルバムです。カンサスは70年代の活躍したアメリカのプログレハードバンド。メンバーは入れ替わりましたが音の傾向は変わらずです。

7月第3週の新譜です。

今週は、MAN WITH A MISSION、坂本真綾、B.O.L.T。洋楽は、BTS、デストラクション、シャイニング・ブラック・フィーチュアリング・ボールズ&トーセン、ブラッディ・ヒールズ、ビギナーズost、アートブレイキー、仲道郁代。

MAN WITH A MISSIONは集大成三部作の最後のアルバム(ベスト盤)、坂本真綾は2013年以降のタイアップを完全収録したシングルコレクション、BTSは日本で4枚目のアルバムになります。前作から2年3か月ぶりです。シャイニング・ブラックはマーク・ボールズとオラフ・トーセンのスーパーユニットでボーカルのマークの魅力が前面に出たアルバム、デストラクションはライブアルバム、サントラの「ビギナーズ」は初CD化で1986年公開、ジュリアン・テンプル監督のヒット作です。アートブレイキーは完全未発表作品集で録音時期も代表作「モーニン」直後で充実した演奏が聴けます。仲道郁代は、2003年~2006年にかけて録音したベートーヴェンのピアノ・ソナタ集のボックス化。なお、エリー・ゴールディングのニューアルバムは輸入先行で国内盤は7/31発売予定。


7月第2週の新譜です。

今週は、Mrs. GREEN APPLE、AI、ハルカミライ、宮川大聖、TUBE、BiSH、佐々木彩夏。洋楽は、ボブディラン、New Found Glory、トーキョー・モーター・フィスト、プリンス、ジョシュア・レッドマンらのカルテット、カシオペア、 ジェラルド・クレイトン。

Mrs. GREEN APPLEはベストアルバム、またライブ映像も同日発売、佐々木彩夏は初のソロアルバム、AIはミニアルバム、宮川大聖はみやかわくん名義でなく本名でミニアルバムを制作、ハルカミライは4枚目のアルバム、BiSHは初のベスト盤、
ボブディランは79歳、8年ぶりのオリジナルアルバム、カイゴはノルウェーの人気DJ。今作が3枚目のアルバム。プリンスは裏ベスト的な内容でリミックスを中心とした内容。ニュー・ファウンド・グローリーはアメリカのパンクバンドで3年ぶりの10作目。ジョシュア・レッドマン はブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、ブライアン・ブレイドとのスーパーコンボで26年ぶりのアルバム。

7月第1週の新譜です。

今週は、渡辺美里、SHE‘S、小柳ゆき、betcover!!、ハラミちゃん、大西順子。洋楽でハイム、パワーウルフ、ポール・ウェラー。

渡辺美里は、3枚組ベスト、新曲2曲も入っています。ハラミちゃんは女性ピアニストでストリートピアノで有名に。今回はスタジオで録音されています。楽曲は有名な楽曲ばかり。SHE‘Sは吹田市出身のピアノロックバンドで今作が4枚目。betcover!!は、ヤナセジロウのソロプロジェクトで今作が2枚目のアルバム。「告白」のpvは個性の強い内容で楽しめます。小柳ゆきは13年ぶりのオリジナルアルバム。2年前に独立して今回はインディーズで発売。大西順子は京都出身のジャズピアニストで今回は3枚組のライブ盤、ハイムはアメリカ出身の3姉妹のインディーロックバンド。3年ぶり3作目のアルバム。パワーウルフはドイツのパワーメタルバンドで今作はベスト盤。ポールウェラーは2年ぶりの15作目アルバム。ポップセンス溢れる素晴らしい楽曲で構成されています。

6月第4週の新譜です。

今週は、GAKU-MC、鬼束ちひろ、TUBE,PIZZICATO ONE、琴音、paris match、山中千尋、スキマスイッチ、洋楽は、リアムギャラガー、グレイ・デイズ、ルベルト・リゴーニ、ファイヤーウィンド、ハウス・オブ・ローズ。映像で木村拓哉、UNISON SQUARE GARDEN 、ウカスカジー、倉木麻衣、FTISLAND。

鬼束ちひろ、スキマスイッチはライブ音源、琴音は新潟出身の女性シンガーで今作がファーストアルバム、paris matchは5年ぶりのアルバム、GAKU-MCはオリジナルアルバム、PIZZICATO ONEは小西康陽のソロプロジェクト、リアム・ギャラガーはMTVのアコースティックライブでオアシスナンバーも歌っています。グレイデイズはチェスター・ベニントンが在籍していたバンドでチェスターの音源だけ90年代のものを使用、山中千尋はクラシック、スタンダード、オリジナルありのバラエティーに富んだ作品。往年のロックファンならリックウエイクマン、トレヴァー・ラビン。

6月第3週の新譜です。今週は、ENDRECHERI、ゲスの極み乙女。、虹のコンキスタドール、SIM、洋楽はホワイトスネイク、ニールヤング、カーリー・レイ・ジェプセン、ビヨンド・ザ・ブラック、堂本剛のソロプロジェクト、ENDRECHERIはオリジナルアルバム、全16曲。ゲスの極み乙女は5月1日に配信していたアルバムのCD化。バンドルされているDVD,BDには昨年末の単独ライブ映像が収録。SiMは4年ぶりのアルバム、虹のコンキスタドールは2018年12月発売のベストアルバム以来のアルバム、カーリー・レイ・ジェプセンは日本独自規格盤で、前作の未収録曲で構成されたアルバム、ホワイトスネイクは、ベスト盤でバラード曲は含まれていません。ニールヤングは1975年に録音されてい幻の音源、ファン必聴。リマスターされているので音質も良さそう。女性ボーカリストのジェニファー・ハーベン率いるシンフォニックメタルバンド「ビヨンド・ザ・ブラック」は4枚目。ラム・オブ・ゴッドは5年ぶり8枚目のアルバム。発売してもツアーも出来ない、大きなプロモーションも出来ないとなると今まで通りの発売は厳しくなるのは当然かと思います。https://www.youtube.com/watch?v=AoAm4om0wTs

6月第2週の新譜です。

今週は、スカイピース、中山うり、ナイトメア、FlowBack、BPMD、マグナス・カールソンズ・フリー、ノラジョーンズ、T-SQUARE、ディカペラ。SgでKing & Princeがあります。配信のみでは、東京パフォーマンスドール、ジャック・ガラット、ナイルホーラン、OAU。

スカイピースは人気YouTuberで3枚目のアルバム、FlowBack はダンスユニットでコラボレーション・ミニ・アルバム、ナイトメアはベストアルバム、BPMDはハード・ロックのカヴァー・プロジェクトで70年代の懐かしのハードロックが蘇ります。ディズニー公式のアカペラ・グループ、ディカペラは2作目、ノラジョーンズは4年ぶりのフルアルバム。日本盤の対訳は芥川賞作家の川上未映子。

6月第1週の新譜です。

今週は、milet、DEPAPEPE、さユり、川嶋あい、洋楽はカタトニア、ゴーゴー・ペンギン。SgでSARD UNDERGROUND、大石昌良、tacica、ACIDMAN、go!go!vanillas。

milet(ミレイ)は女性シンガーソングライターで人気ドラマの主題歌などタイパップ曲を多く含んだファーストアルバム。DEPAPEPEは二人組のギターインストユニットでデビュー15周年の作品、さユりは2017年のファーストアルバム以来のアルバム。洋楽は30年のキャリアがある北欧メタルのカタトニアは4年ぶりのアルバム。

CDの発売はありませんが、最近の注目アーティストで男性シンガーソングライターの瑛人は「香水」が男女ユニットYOASOBIは「夜に駆ける」がチャートインしています。

5月第5週の新譜です。

今週は、三浦透子、Novelbright、くるり、GENIC。洋楽で、レディガガ、アレック・ベンジャミン、フェアリーランド、ナグルファー、サントラでエール、クラシックはクロノスカルテット。デジタル配信で宇多田ヒカル。

くるりは未発表曲を中心に構成されたコンセプトアルバム、三浦透子は小さな時はCM,映画、ドラマで活躍していましたが、飛躍したのは、新海誠監督最新作「天気の子」にてボーカリストで抜擢されてからになります。今作は7曲入りのミニアルバム、GENICは7人組のダンス&ボーカルグループでファーストアルバムになります。レディガガは発売延期になっていたアルバムです。売上が一時の勢いがなくなってきたのですが、昨年の主演映画がヒットして再ブームとなり今、ステューピッド・ラヴがアメリカで大ヒットしています。アレックスベンジャミンはアメリカ出身のシンガーソングライター、昨年のサマーソニックにも出演、今年も予定はありますが、。クロノスカルテットはアメリカの弦楽四重奏団で今作の作曲者はテリーライリー。宇多田ヒカルはサントリーCMソング。

5月第4週の新譜です。

今週は、flumpool、藤井 風、湘南乃風、さだまさし、FTISLAND、サニーデイ・サービス、yonige、Maica_n(マイカ)、Track‘s、洋楽は、ザ・ウィークエンド、THE 1975、ヴァンデンバーグ、ハー・チャリオット・アウェイツ、FM、スティーヴ・アオキ、チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット、諏訪内晶子。

Flumpoolは4年ぶり5枚目のオリジナルアルバム。湘南乃風は2年ぶり8枚目のオリジナルアルバム、藤井風は岡山出身の22歳。岡山弁を使ったインパクトある歌詞。曲も歌唱力もレベルの高い期待の新人です。FTISLANDはベストアルバム、yonigeは寝屋川出身の女性2人組ロックバンドで2枚目のアルバム、ザ・ウィークエンドはカナダ出身のR&Bシンガーでアメリカでは圧倒的な人気があります。THE1975はイギリスのポップロックバンド。アメリカでも商業的な成功をおさめています。今作は4枚目。
https://www.youtube.com/watch?v=m1jw6Jw1Fqk

5月第3週の新譜です。

今週は、絢香、家入レオ、SPECIAL OTHERS、Rain Drops、岡本真夜、FIELD OF VIEW、角松敏生。洋楽は、ウィーザー、パラダイス・ロスト、ヴェイダー、ジャズで平賀マリカ、ジョンコルトレーンインスで古澤巌。

絢香はカバーアルバム第二弾でカバーアルバムとしては7年ぶりです。家入レオはシングルなのですが、カバー曲を含めた7曲入りの豪華版、SPECIAL OTHERSは7枚目のオリジナルアルバム、角松敏生はセルフカバーアルバム、ジャケットデザインは80年代人気AORアルバムのエアプレイを意識したもの、ウィーザーは14枚目でタイトル通り、HR/METALな内容。ジョンコルトレーンは名作の60周年記念盤。
https://www.youtube.com/watch?v=VF-r5TtlT9w

5月第2週の新譜です。

今週は、ヘイリー・ウィリアムス、DIMENSION、アンネ=ゾフィー・ムター、チョ・ソンジン、アルゲリッチ&小澤征爾。
ヘイリー・ウィリアムスはパラモアのボーカルでソロで初めてのアルバムになります。パラモアも2017年以降アルバムを出していないのでファンにはうれしい1枚です。DIMENSIONはビーイング在籍のジャズ系バンド。今作は2年半ぶりのアルバムでキーボードの小野塚脱退後2人体制j初めてのアルバムになります。チョ・ソンジンは2015年のショパン国際ピアノコンクール1位の実力者、今作が5枚目。ムターのベートーヴェン三重協奏曲はヨーヨーマ、バレンボイムが加わる豪華な内容。アルゲリッチと小澤征爾は昨年5月、水戸で行われた共演でライブ録音。
動画はDoja Catです。ビルボード上位に入っている曲で、ラッパーではありますがネオソウルのスタイルなので比較的聞きやすいかなと思います。https://www.youtube.com/watch?v=pok8H_KF1FA

4月第5週の新譜です。

今週は、THE ORAL CIGARETTES、森恵、Da-iCE、洋楽は、ローズ・カズンズ、ビル・ラズウェル、アヴィシャイ・コーエン・ビッグ・ヴィシャス。

THE ORAL CIGARETTESは2年ぶり5枚目のアルバム。今週も新譜発売延期、中止が多い中でのビッグタイトル。彼らのホームページにアクセスしていただくと、なぜ発売に踏み切ったかについて書かれています。
https://theoralcigarettes.com/feature/suck_my_world
Da-iCE はボーカル&ダンスグループで今作が5枚目、森 恵は2016年以来のカバーアルバム。アヴィシャイ・コーエンのプロジェクトは今回がデビューアルバム。シングルでは、蒼井翔太が12枚目、南條愛乃、渕上 舞もアニメタイアップ、宇野実彩子は昨年10月のライブ映像。BAND-MAIDは今年2月のライブ映像。
https://www.youtube.com/watch?v=e3Q6vBIvuuU

4月第4週の新譜です。

今週は、井上苑子、MIYAVI、赤西仁、エドガー・サリヴァン、ショーティノ、トリヴィアム、コンセプション、フリーダムコール。sgでHKT48、コウ、THE RAMPAGE、宮野真守。

エドガー・サリヴァンは東京出身の2人組ユニットで「スッキリ」の2月テーマソング収録、赤西仁はベストアルバム、MIYAVIは12枚目のオリジナルアルバム、井上苑子はミニアルバムで6曲ともタイアップ曲、コンセプションはノルウェーのメタルバンドで23年ぶりのオリジナルアルバム、トリヴィアムはアメリカのメタルバンドで2年半ぶり、フリーダムコールは再発ですが、ファンにはうれしい1枚、クラシックファンにはギレリスのリマスター版がおすすめ。
なお、ソニーミュージック、ヤマハミュージックで発売予定のCDが全て延期になっています。

4月第3週の新譜です。

今週は、凛として時雨、INABA/SALAS、OKAMOTO‘S、赤い公園、鈴木雅之、Who-ya Extended、でんぱ組.inc、yonawo、カニエウェスト、EOB、ジェレミーザッカー、ザ・ブラック・ダリア・マーダー、寺井尚子、藤倉大。

凛として時雨は3年半ぶりのオリジナルアルバム、INABA/SALASは3年ぶりのアルバムで全12曲入り、OKAMOTO‘Sは初めてのベストアルバム、赤い公園はソニー移籍後のフルアルバム。鈴木雅之はロックナンバーを主体とした内容で、シャネルズなどの過去の曲の再録や洋楽カバーが入っています。Who-ya Extendedは、Who-yaを中心としたユニットで今回が初めてのフルアルバム。何かと話題の多いカニエウェストは9枚目のアルバム、豪華なゲストを迎えた内容。ザ・ブラック・ダリア・マーダーはアメリカで20年のキャリアあるデスメタルバンドで3年ぶりのアルバム。EOBはレディオヘッドのギタリストでエド・オブライエンのソロアルバム、ジェレミー・ザッカ―はアメリカの若手シンガーソングライターで今作がデビューアルバム。

4月第2週の新譜です。

今週は、東京事変、ナナヲアカリ、Anly、JUJU、嘘とカメレオン、スチャダラパー、ACE COLLECTION。洋楽は、ザ・ストロークス、ナイトウイッシュ、 ジョー・サトリアーニ、ロジャー・イーノ&ブライアン・イーノ、ホワイト・ストーンズ、鈴木良雄,山本剛、カセットテープ・ダイアリーズ、宮本笑里、テオドール・クルレンツィス。

JUJUはオールタイムベスト、東京事変は8年ぶりのアルバム、ナナヲアカリは「理系が恋に落ちたので証明してみた。」のEDテーマ曲を含む6曲入り、スチャダラパーは5年ぶりのアルバム、Anlyは沖縄出身のシンガーソングライターで2年ぶりのアルバム。ザ・ストロークスは20年以上のキャリアあるアメリカの人気ガレージロックバンドで7年ぶりのアルバム。ジョー・サトリアーニは2年ぶりのアルバム、ナイトウイッシュはシンフォニックメタルバンドで9枚目のアルバム、鈴木良雄と山本剛のデュオアルバムは往年のジャズファンにはたまらない1枚、人気ヴァイオリニストの宮本笑里は2年ぶりで今回はミニアルバム。なお発売予定だったレディガガのニューアルバムは延期未定になっています。

4月第1週の新譜です。

今週は、MAN WITH MISSION、ファンキー加藤、VALSHE。洋楽は、デュアリパ、パールジャム、ヘヴン・シャル・バーン、テスタメント、アド・インフィニトゥム、オール・タイム・ロウ。

年度末で今週は発売数が少なめです。VALSHEは女性の歌手、フルアルバムとしては3年ぶり4枚目のアルバム、ファンキー加藤は2年ぶりのアルバム、MAN WITH A MISSIONは10周年記念プロジェクトで2枚のアルバムが4/1と4/29に販売されます。洋楽のデュアリパはイギリス出身の24歳でアメリカでも大成功をおさめています。ヒット曲「ドント・スタート・ナウ」収録。ヘヴン・シャル・バーンはドイツのメタルコアバンドでメタルファンにおすすめの1枚、オールタイムロウはアメリカのポップロックバンドで通算8作目、グランジロックのベテランバンドのパールジャムは6年半ぶりの11作目。30年以上キャリアのあるスラッシュメタルバンドのテスタメントは12作目のアルバムです。


https://www.youtube.com/watch?reload=9&time_continue=80&v=IvytvMgUpis&feature=emb_logo

3月第4週の新譜

今週は、Kis-My-Ft2、和楽器バンド、BURNOUT SYNDROMES、FLOWER FLOWER、LOVE PSYCHEDELICO、Plastic Tree。洋楽は、ハーレム・スキャーレム、ミー・アンド・ザット・マン、ファイブセカンズオブサマー、イン・ディス・モーメント、
キャンディス・スプリングス。

和楽器バンド、LOVE PSYCHEDELICOはベストアルバム、FLOWER FLOWERはyuiを中心としたバンドで2年ぶりのアルバム、ハーレム・スキャーレム はカナダのベテランハードロックバンドで3年ぶりのアルバム、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーはオーストラリアのポップロックバンド。前作はアメリカでも1位を獲得し大ヒットしています。イン・ディス・モーメントはアメリカのメタルバンド、クイーンのWe Will Rock Youのカバー曲も含まれています。キャンディス・スプリングスは31歳の女性ジャズシンガー。日本盤には山崎まさよしとのデュエット曲も収録。

3月第3週の新譜

今週は、三代目J SOUL BROTHERS、大滝詠一、ジャニーズWEST 、Uru、東京スカパラダイスオーケストラ、安田レイ。洋楽は、ディジー・ミズ・リジー、ゴットハード、ラクーナ・コイル、キメラ、エルトンジョン、山本剛。

東京スカパラダイスオーケストラはエイベックスからの楽曲で構成されたベスト盤、Uruは女性シンガーソングライター、前作が2017年12月だったので約2年ぶりのアルバム。テセウスの船の主題歌も含まれています。大滝詠一はデビュー50周年で製作されたアルバム、三代目JSBはオリジナルアルバム、安田レイは4年ぶりのオリジナルアルバム、KEYTALKは初めてのベスト盤、ジャニーズWESTは6枚目のアルバム。ディジー・ミズ・リジーは30年以上のキャリアのあるデンマークのロックバンド、4年ぶりのアルバムになります。ゴットハードもベテランのハードロックバンドで3年ぶりのアルバム、ラクーナ・コイルはイタリアのメタルバンドで9枚目のアルバム、エルトンジョンはモスクワ公演のライブ盤でCDは初発売。

3月第2週の新譜

今週は、amazarashi、SPICY CHOCOLATE、大塚愛、遊助、2PM。洋楽は、ジュリア・マイケルズ、サーカ・ウェーヴス、ナイル・ホーラン、マシューモリソン、グループラヴ、コード・オレンジ、アルディメオラ。

amazarashiは青森出身のロックバンドで2年ぶりのアルバム、2PMは日本で初めてのベスト盤、遊助は9枚目のオリジナルアルバム、GLAYは4枚組のベスト盤、大塚愛はピアノ弾き語り集、SPICY CHOCOLATEは豪華なゲストを迎えたアルバム、ジュリア・マイケルズはアメリカで人気のシンガーソングライター。今作がデビューアルバム。ナイル・ホーランはワンダイレクションのメンバーでソロ2作目、サーカ・ウェーヴスはイギリスのインディーロックバンドで4作目、前作は英国チャート、ベスト10入り。マシュー・モリソンはミュージカルやアメリカのTVドラマで活躍、今作はディズニーカバー集、コードオレンジはアメリカのポスト・ハードコアバンド、アルディメオラは70年代80年代活躍したフュージョンギタリスト、今作はビートルズのカバー、グループラヴは2011年、2013年発売のアルバムがヒットしたインディロックバンド。3年ぶりのアルバムになります。